オバハンの着ぐるみを着た小学生男子と言われた私の笑かす日常 エピソード8「長男、私のツッコみに反撃」

長男(現在25歳)。
理屈っぽく、静かに…

そして、確実に!!

私の弱点、矛盾点を攻撃し撃沈させる
そういうタイプである。

だが、平面でつまずいてコケる、
家を出る直前までよく探し物をしている…

そんなアホな姿に
私のDNAを感じて
ニヤけるオカンです。

 そんな長男が16歳くらいの頃。
髪の毛のカットに行かず、放置していた。
 そのヘアスタイルを見て
私はキン肉マンのあるキャラクターが
脳内スクリーンに出た。
 もう、言わずにはいられない。(笑)

私:「アンタ、その頭…
   ヘルメットの様やで。
   まるで… プッ…プハッ…」

  こみあげる笑いを抑えきれず、
なかなかその先が言えないオカンの私。
 自分が長男の髪型を見て
アテはめたキャラクターの的確さに
床にヘタって笑ってしまった。

 早く、
早く続きを長男に言わなければ!

私:「髪型がっ、ウッ…ウォッ…(必死で笑いを噛み殺す)
   ウォーズマンになっとる!」

 そして、長男の鋭い切り返しに酸欠起こすくらい
のたうって笑った。
 長男の切り返してきた言葉↓

長男:「いったい、
    ウォーズマンの
    どこがカッコ悪いって言うのっ?!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

のたうつて喜びます
2

鈴扇(すずおうぎ)

嬉しがりのはりきり屋さんなので エッセイや小説もオモロい!と言われるとのたうって喜び、鼻の穴おっ広げて調子に乗って書きます。 31年間バイク乗り。27年間共にしている愛車はHONDAのXELVIS紫 居合やってたので刀も好きです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。