エブリスタ__4_

オバハンの着ぐるみを着た小学生男子と言われた私の笑かす日常エピソード28「オモロすぎるレジェンドなオカンたち 姐(ねぇ)さん」

数十人の役員のお母ちゃんたちを
A~Dまで4つのグループに分け、
仕事を分担しました。
 私はD班。

 私、末っ子が6歳の当時は
長男が10歳上の16歳で高1だったので
オカンたちの中で
一番年上だと思っておりました。

 ところが!だ。
私より年上がD班に存在!

 ウチのD班のメンバーは彼女を

「姐(ねぇ)さん」

と呼んでいたのです。

 ある日、D班で仕事の合間に昼食をとっていた時。
 姐さんが

 「昨日ダンナにさぁ~・・・
  私、役員仲間に姐さんって
  呼ばれてるんだよって
  話したらさぁ~、」

 しばし間を置く、姐さん。

 そして、数秒後に

 「ウチのダンナにさ…
  『バァサン_』
  って呼ばれなくて良かったじゃねぇか!
  って言われたぁ。(笑)」

 弁当タイムの最中で
我々、D班のメンバーは
鼻から米粒になりかけたのは言うまでもありません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しがりのはりきり屋さんなので、執筆に励みます
3

鈴扇(すずおうぎ)

嬉しがりのはりきり屋さんなので エッセイや小説もオモロい!と言われるとのたうって喜び、鼻の穴おっ広げて調子に乗って書きます。 31年間バイク乗り。27年間共にしている愛車はHONDAのXELVIS紫 居合やってたので刀も好きです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。