見出し画像

産婦人科とコウノドリ。

TSUTAYAで漫画を20冊借りて、読んでいます。

調度、漫画のコウノドリを読んでいるタイミングで産婦人科の通院日。私は、生まれつき無月経なので。毎日決まった時間にホルモン剤を飲まないと駄目な身体の為、もう10年以上は産婦人科に通ってホルモン剤を貰いに行ってます。

ホルモン剤を飲んでも、月経なんて来ない時は来なくて「もう3ヶ月は月経止まったままです」と主治医に伝えたら「まさか妊娠してたり。」と冗談にもならない冗談を言われて、無月経がどうやって妊娠するんでしょうかと突っ込みたいのを我慢しました。アンガーマネジメントです。

まぁ、でも。「不正出血があったり、長引く方が心配だからホルモン剤ちゃんと飲んでいて月経が来ないのは心配いらないよ」と真面目に教えてくれました。

私の月経はどこに消えたのか。私の男性ホルモンは増える一方のようです。今日は結膜炎も朝から酷くて、眼球が真っ赤に染まりました。いまも、目の痛みと痒さと高熱による、身体への攻撃の手が止みません。

関係ないけれど、身体に良い物を食べた方がいいと思ってレバニラ炒めを作りました。レバーを塩水に1時間漬けて、お湯で熱を通して、片栗粉をまぶしたりして、切って、炒めて、レバニラ炒めって面倒くさい食べ物だったんだなぁと感動しながら大量に作りました。

栄養が偏ってる家族に、食べさせます。私はレバニラ炒めとか得意じゃないので。でも、味見したら美味しく出来上がってたので喜んでくれると思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

フェサギ

身体に構造式や数式等の刺青が沢山入っているアーティスト。精神障害者2級でもあり、生きる為に日々精神疾患と虚弱体質と戦っています。文字を書く事と表現が生き甲斐であり、モデルを10年間していた。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。