はじまりは

2017年の師走、ひとつのご依頼の連絡があった。
差し出し人は、豊島区役所 道路整備課。
内容は、池袋駅 東西をつなぐ’’ウイロード’’という歩行者隧道の改修の計画があり、
現状の「暗い・汚い・怖い」から一新、「きれい・快適・女性に安心」へと
デジタルサイネージを持ちいて再生しようという考えがあること。そこへ、作品を提供していただきたいというものだった。

うむ、と内容に目を通し、お打ち合わせの承諾のお返事をさせていただいた。
実際にこのウイロードという場所を通ってみないと、まだわからないなあと ぼんやり思いつつ。

最初にここを訪れたときのことを、豊島区長さんとの記者会見の際に、
ウイロードへ宛てたお手紙として読んだ。

 ——————— ————————  —————

拝啓 ウイロードさん へ

そなたと初めて会ったとき、そのお姿に映る歳の重ね方が
つよく 美しく とてもかっこよく わななく喜びを覚え、掻き立てられました。

ただ むき出しで そこに居るだけて
たくさんの表情がつづく 77m。
どこを見ても、 飽きることなく まばゆかった

トンネルにしては、すこし 低めの身長は、母胎のなかにいるのはこんな感じかもと
茶室にも似た 安らぎを与えてくれました

飾り立てるわけでも ‘ われは重要なものだ’ と 言うわけでもなく
注目的になろうとするわけでもなく

じっと、毎日 毎日 たくさんの人を迎え、送り出し
西口と東口をつないでくださっていたのですね。

喜怒哀楽、陰陽混合、
さし迫る緊張、どうしようもない選択、
その瞬間、瞬間、
「生きる」という 刹那的 根源的な、衝動
ここに 様々な人の営みが息づいていたことを感じさせてくれました。

ここにいた人 ここで起こったこと
ここで想い巡らされたこと

いのちという姿はなくなってしまっても
たましいという 無形のエネルギーが
温もりとして そなたのなかに 確かに在るようで

いい /わるい ではない
おおきなエネルギーとして感じずにはいられません。

そんなふうに感じるのは、わたしの勝手なことかもしれませんが
このご縁、
しっかりつながせてもらいたいと思います。


ぽつり ぽつりと滴り落ちる雫の
一滴 一滴の反復から
鍾乳洞がかたちつくられてきたように

ひとつ ひとつの ささやかな声を聞き
一手 一手に込めて 色に映し
豊島区の歴史を、
そのままに 誇らしい ノンフィクションの物語として
制作したいと思っています。

ここを通行する人たちに
「いってらっしゃい」 「おかえりなさい」と
そなたに 言ってもらいたいです。

___________流れる水は濁らない
時を経て、巡り 巡り ここへ続いたように
また これから先の何十年を
そなたに 元気にご機嫌に 明朗にいてもらえますように。

2018.6.8
植田 志保

—————— ——————— ———————

「再生」とは、なんであるか。
このかけがえのない場所 、戦前前後の厳しい時空を宿した東西の接点。

デジタルサイネージは、もう百貨店も然り 街のあらゆるところで見ることができる。
サイネージで蓋をして、このかけがえのない場所を、きれいごとで再生できない・してほしくないと思った。
その案であれば、わたしは協力できない。
 わたしが携わるのならば、直接、手を当てて 描画をしたいと。

自分が携わることなくても、このかけがえのない場所の行き先が、現状を肯定しつつ
生きて、生きた場所として、ずっと 続いて欲しいという旨を言い残して
はじめての打ち合わせでは、席をあとにしたのだった。

後日、ご連絡をいただき、区の皆で考え直し
ご提案ごとご協力いただきたいと。
この時の、区長さん 道路整備課の松田さんと片山さんと河野さんの表情と眼差しを
今もくっきりと覚えていて
このかたたちと一緒に、全身全霊でこのプロジェクトに挑戦する
と、心に決めたのだった。

いつか、区長さんがお話ししてくださった

= 春には 新緑の芽が出て
  夏には 木陰になって
   秋には 紅葉して
    冬には 枯葉になって さむいさむいと言いながらでも
      この街をたのしめる
そういう街というのは 今ないでしょうね したいですね
    そういう街に

この言葉がよぎりながら、色々なひとにお会いして、1年を過ごした
ほんとうにシンプルだけど、どうしても感じてしまうこと。
そして、鎮魂。

どんなふうに美しさを 表現 できるか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

植田 志保

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。