見出し画像

【偉業への挑戦!】「バブみ」の凄さ……それはスーパーレアな「人間の感情を表現する新語」ということ|「バブみ」の研究(2)

 バブみである。

 そしてまた、オギャるである。

 本記事は、特集「バブみ」の研究の第2回である!


<目次>

第1回:【入門!】「バブみ」の基礎知識

・第2回(本記事):【人類史的偉業への挑戦!】「バブみ」の何が凄いのか?

・第3回【超実践!】「バブみ」のあるキャラを描く方法


 「バブみ」の何が凄いのか?早速見ていこう!


 上記の「『光源氏はバブってオギャッていた』説」は、私の発見ではない。多くの人が指摘していることだ。

 例えば、小池一夫氏(『子連れ狼』や『修羅雪姫』の原作者!)の以下のツイートをご覧いただきたい。

 2015年の時点で、光源氏と「バブみ」の関係を指摘していたことがわかる。


※念のための注記:上記ツイートの「バブみって」は誤用。正しくは「バブみを感じて」、もしくは「オギャって」(詳細は前回の記事)。






 解説編は以上!これであなたは「バブみ道3段」です。

------

続き!

------

関連

------

最新情報はTwitterで!

------

 最後までお読みいただきありがとうございました。みなさんの今後の創作・制作のお役に立てば幸いです。

(担当:三葉)

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サンキュベリーマッチ!!

サンキュー!!!
6

100%ツールズ|創作の技術

ポップカルチャー(マンガ、小説、ラノベ、アニメ、映画、ゲームなど)のクリエイターの方向けに、創作・制作に役立つ情報をお届けします。/運営はヒャクパーセント・エア(東京都)/フォロー大歓迎です☆

21世紀マンガスタディーズ!!

いまこの時代にマンガを描く方に、明日から使えるヒントを。
3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。