私とジャニーズ。

2019年7月9日

ジャニー喜多川さんが亡くなってから
日にちが経ってしまった。。。

今月は体調を崩しており
投稿が今になってしまいました。
今月には書かなくちゃ、と。(笑)

さて。

日本の男性アイドルといえば、
やっぱり「ジャニーズ」だよね。

私は現在27歳ですが、
記憶にあるなかで
私が初めてジャニーズを認識したのは

ウルトラマンティガ

でした。
まだ幼稚園だったかな。

主演はV6の長野博くん=ダイゴ隊員。
『ダイゴ隊員は"V6"っていうグループなんだよ』
と親から教えてもらったことを
なんとなく覚えています。

もっと前から知ってたのかも知れないけど、
一番古いジャニーズの思い出。

まぁ、、、そうこうして迎えた
運命の小学5年生なんですが。
(早いものですね)

ある日。皆さんおなじみの
"ミュージックステーション"に
デビュー直前のタッキー&翼が、
まだ『タッキー&翼』ではなく

滝沢秀明&今井翼

の名前で出演していました。

この時です。
私はタッキーではなく
その隣にいる今井翼くんを見て、

綺麗な人だなあ

と、人生で1番の一目惚れをすることになったのです。
(Jr.に詳しくなかったので黄金期のことは当時わかっておらず。デビュー前が出会いでした。)

彼はその後
元々定評のあったダンスから、
フラメンコ→スペインと、
趣味・活動の幅を広げていくのですが

なんとスペイン文化特使として
皇太子さま(現在の天皇陛下)と
懇談をしたり。
日本大学でスペイン語の特別講師を務めたり。世界的なダンスショー"バーンザフロア"
のゲストダンサーを務めたり。

最初はとにかく顔が好きで好きで
この世のものもは思えない気持ちだったのですが、
彼の成長・変化と共に
私も"一目惚れ"から"人間としての尊敬"に。

彼の謙虚な姿勢を
ファンである私はもちろん知ってはいたけれど、
後にとあるテレビ番組で
『真面目すぎるジャニーズ』
として取り上げられたときは

個人的に、
本人も私たちも報われたようで
それはそれは嬉しかったのを覚えている。(番組の意図は知らんがw)

しかしながら、順風満帆とはいかず。
メニエール病、活動休止、解散、退所.....と表舞台から今はいなくなっている彼。

退所済みなのに2018年の年末、
8時だJやカウコンで活動出来たのはファンとしては涙モノだったけれど今ではもうSNSのアカウントすら見当たらない彼。
しかしどこで何をしてないるわからない状況であっても変わらず、
一生尊敬し続ける唯一の人間かも知れない。

これまでの人生、
ジャニーズ一筋といった訳ではなく
その時その時で
ハマったミュージシャン、
アニメや映画や芸能人などはいる。

だけどやっぱり、
ジャニーズといえば大きな存在。

上記で記載したことの他にも、
子供のころは"KinKi Kids"のペンケースを使っていた時代もあるし、
一晩中"修二と彰"の青春アミーゴや
"KAT-TUN"の1stアルバムを聴いてた時期もあった。
中学時代の友達と数年前、
久しぶりに再会をしたときも
天神のジャニーズショップに遊びに行った。
"Kis-My-Ft2"の藤ヶ谷くんが好きという人に
写真をプレゼントしてあげたこともあったっけ??

最近何気なくつけているテレビでも
大好きな中居くんや村上くんにいつも笑わせて貰っている。
日本人の人生のなかには、
ジャニーズが沢山。
少なくとも私には
切っても切れない存在。

滅多にない私にとっての"尊敬"を
作ってくれたジャニーさんに感謝。

『Youダンス良いね』の一言で
関係ない人の人生まで動かしちゃう。
実際の人柄なんて、
私には知ったこっちゃないけれど(笑)

それでも偉大な方です。


ありがとう、ジャニーさん。
ご冥福をお祈りいたします。



R.I.P. Johnny H Kitagawa

#ジャニーズ #ジャニーさん
#ジャニー喜多川 #滝翼 #今井翼
#RIP #Johnnys #ダンス #フラメンコ
#藤沢 #アイドル #尊敬 #憧れ #思い出

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

今井サヤ

KOSライバー部 今井サヤ 人生挽回!

Trust the Force.

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。