解体治療

この街のはずれ糜爛のうつくしく桜はいつも川辺に咲いて
濡れたまま肉に貼りつく銀紙のうえを味覚のない風は吹く
名前のない肉体になるまで刻むあたかいだろうなあ、今夜は
退化した鰭の感触こそばゆい黒髪はしおを噴き出す深さ
撓められいのちへ届く針先が太平洋の埠頭に変わる

#短歌

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

白井健康

短歌

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。