ライナースリップ

詰所と宿舎を往復するバイクが無免許、アクセルが切り裂く快感にアメリカは、と。

カーブするのって、牧草地のたまてばこだってこと右手しか配列されてない。詩歌だって隙間を埋められたがっているんだし、かくかくの保定枠が暴れだした。仕方なく放してやったのがいけなかった。縫合のあと武蔵境まですぐに帰らなかったわけで、飛行機の窓や座席の見取り図は切れ切れの記憶のよう、壁があるかないかのところで削ぎ落す。時計台はちょうど改装工事中で、窓二重が保持されており北国特有って説明されると鼻が膨らむ。

抜糸は江島さんにしてもらった。体温を足指にかざしてもらうと崇教真光に触れる。好かれてたとうすうす嫌だったし、上半身を反らせたままきれいだから借り物みたいな気持ちになる。
南向きのシンクの脇に置きっぱなしの白い文字盤のセイコー腕時計は砂浜の方角を、もう行ったあとらしい。スナップを効かせて渦巻き状に回転させながら水の排出を促すスキルやとっくり結び、鈎なしフォーセップの外科結びはきれいで楽しかった。床に叩きつける淘汰は土に還らなくても燃やされたあと吹きだまりの宇宙だと慰める。

生理学教室のうらのジギタリスの咲いたまえで写真とってもらった。骨が埋めてあって時々白く浮き出る。ペンタックスの一眼レフじゃなかったかな、顔くらいの大きさ、大分の女郎屋の娘だって拗ねていた。案外これ、溶けてしまう頃に卒業だね。

大皿に盛られたたらこスパゲッティをおよばれされたあと、ぼくらの駅から徒歩十分のこの道がロンドのように薄れてゆく。ぼくのガガーリンや雨のハイファイセットくらいのヒーローが守られるべき、ぎりぎりの限界。碁盤の目のように展開する街の風景なんてどこにでもあるし、笑ったって思い出せるの減ってゆく。

パーラーの床にティートカップから漏れた乳汁だけが正義のようにうまいこと汚れてゆく
#詩

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

白井健康

未来短歌会彗星集/2011年歌壇賞次席 /「オワーズから始まった。」(書肆侃侃房、ユニヴェール) /橄欖追放にも掲載されています。 http://petalismos.net/tanka/kanran/kanran210.html

詩歌

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。