朕思うに

パステルの一本分の窪みには約束がある冬の色して
斑(ふ)に干したシャツから影はすり抜ける行先のない風をよろこび
カテーテルを先へ先へと押し入れるいのちと身体の境目辺りへ
うおが魚と呼ばれたときの不可思議さ水に母音を濯いで掬う
冷たくなった父の身体を撫でている清らかな指や淫らな指が
父の肺ごうごうとよく燃え盛りようやくそとへでられる/のだろう
かれじしんかれじしんしんじつ)風の音は「朕思うに」とう息を吐き出す
正中線やや左寄りの押印と欠けている月こそ明けがたの
しあわせはいつもくつがえされるから均した石をすこし眠らす
耳の奧処へ体の奥処へ透明な壜を家族はうっすらと持つ

#短歌

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

白井健康

未来短歌会彗星集/2011年歌壇賞次席 /「オワーズから始まった。」(書肆侃侃房、ユニヴェール) /橄欖追放にも掲載されています。 http://petalismos.net/tanka/kanran/kanran210.html

短歌

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。