気づかれるために

底辺が天井変わる喪失と横の、まるごとプリオンになる
それは海、から始まった贈り物みたいに覚悟していたはず
会話とか水に溶けないものは消え殻だけになった風景である
どうなのか あなたを見分けられるのか追い越してしまったわたしは
たまごから孵化する途中悲しみのひとつひとつは括られてゆく
岸からも沖合からも輝きの、漏れてるのが目視できない
半分の半分の半分の半分が半分/立入禁止
体は宇宙だからまだわずかしか届いていない胸だけ痛い
完成と成長は多分水だから早く大きく取り戻したい
心臓と骨格のないウイルキンソンを陽にかざすときなにかが混じる
#短歌

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

白井健康

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。