波のせいで

波がうるさくて
「好きだよ」が、ちゃんと聞こえないから
海で告白しないで。

人間に寿命があるように
そして
人間には残りの寿命が分からないように、

「好き」って言葉を言える回数にも
実は、限りがあって
みんな
それに気付いていない。

いつでも、どこでも、どこまでも
「好きだよ」って言える気がするけれど
それは違うよ。

波の音で消された「好き」が
君の最後の「好き」かもしれない。

僕は、いつも、できるだけ、耳をすますから
君も、いつも、できるだけ、静かなところで「好き」って言って。

好きって限りがあるんだよ。誰も信じてくれない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

【総合案内所】よく読まれる文章

アクセス数の多い文章を集めました。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。