いなフリ2週目(ちょうど半分)、終了!

本当はブログで書きたいけれど、やっぱりnoteの感じが好きだしアイキャッチ画像とか面倒くさくて嫌なのでnoteで書きます。

ちなみにいなフリは全部で26日あります。私は2日延長するので28日あります。今日が14日目だったので、本当にちょうど半分が終わった。

数字で見る2週目

逃げたくないのでめげずに書く。

<収益>

2週目合計:23,370円(トータルは約35,600円)

内訳は、note:7,939円、ライティング:15,431円。ブログは数十円なのでカウントしません。

<七日間のPV数など>

note:12287PV

フォロワー:1週間で130人くらい増(現在995人)

ライティング納品(7記事納品完了):恋愛記事×3、仮想通貨記事×2、金融記事×1、ブログ×1

ライティング案件:継続確定×3(恋愛、仮想通貨、発達障害)、単発×5所持中

<目標金額との乖離の理由>

・月火は体調不良&ライティング仕事なし、土日はほぼオフだった

つまり、水~金の3日で6記事(ライティング案件のほとんど)を書いた。

オンオフが激しすぎる。オンの時間が短すぎる。

<3週目に向けて>

毎日稼ぐためのライティング確保、安定的に作業する。

思うことを書く。

<稼ぐ手段について>

なんかもやもやしている。なんででしょう。今日、全然作業してないから?

結局私は何がやりたいのか?

ライティングに楽さを感じることもあるし、面倒くささも感じるし、無心になれる感じもある。めちゃくちゃやりたいことではないけれど、金を稼ぐ手段としては「めちゃくちゃやりたいことではないけど、苦痛ではない」のがベストなのかなぁとも思う。結局、情熱を傾けてやりたいこと(詩やエッセイ)は、不満から生まれるので、多少の不満や慣れない環境、たいしてやりたくないことをやるモヤモヤも有難いと言えば有難い存在なのかもしれない。モヤモヤから詩は生まれるので、ライティングやりながらモヤモヤしてるのも、まぁ悪くないのかもしれない。

稼ぐ手段、何がいいのだろう?

なんやかんやで「公務員としてなるべく無になって、定時帰りするのは楽だよな」とか思う瞬間もある。私は意識高い人間ではなく、とにかく「逃げたい」「楽をしたい」人間だから。今は就活などから逃げてフリーランスの世界にたどり着いたけれど、とにかく常に走って逃げる私の習性からして、フリーランスの世界から逃げることも十分考えられる。

稼ぐ手段、何がいいのだろう?

私はわけわからん性格をしていて、「上手くやってく」ができない、コツコツもできない人間なので、私を気に入ってくれた人をパトロンとして、お金をもらうのが似合ってる形だと思う。

でもパトロンって何?をつきつめると、「ちょっと裕福な人と結婚して、主婦をしながらライターや詩人をやればいいじゃん」にたどり着く。いつもそう。結局「主婦やりながら自由にしたらいい。」これにたどり着く。

そんな自分が気持ち悪い。男に依存して人生歩んでいく感じが気持ち悪い。じゃあどうすればいいのか?知らない。

<周りの人について>

私は周りに気づく力が弱くて、気遣いとかも苦手で、周囲をよく見れていない人間。それが幸いして、他人と比較することが少ない。だから、周りと比較して落ち込むこともそんなに無いように思う。

だけど、周りの人はそうじゃない。私が「35,000円稼いだ」と言えば、「俺より稼いでる…」と、モヤモヤする人がいる。いることを知ってる。たとえその数字が私にとっては「目標に及んでいない嫌な数字」だったとしても。私は比較対象が「過去の自分」や「理想の自分」なのだ。だから、自分の成長を感じられやすいし、動じない。

でも、周りの人はそうじゃない。もっと繊細なのだ。

繊細な人と会話してて思う。「私は彼らに何が出来るのか?」そして、「何もできない」と思う。どちらかと言えば、空気を読まずに傷つけるように思う。人の相談に乗るなんてことは不可能な人間だし、そもそも誰も相談なんてしてこないけれど。

どうやったら周りの人を救えるのだろう。

高校生の頃も「落ち込んだ彼氏をどうやって救ったらいいのか」分からなくて、とりあえずお菓子焼いて持ってってたりした。発想が子供なのだ。困ってる人や落ち込んだ人を見ても、自分は何もできないことを知ってて、だから「食べ物をあげる」「身体接触をする」くらいしかできないのだ。

でも、心の中に「人のために」っていう気持ちがあるのは感じている。でも、どうやったらいいんだろう?

人を救う、人に施す、とは無縁の場所、真逆の場所にいる人間。そんな人間が「人のためになにができるのだ?」と思ってるのは、成長なのか?そもそも成長とは何か。

人を救うために、まずは自分がお金的に自立するべきなのはわかってるので、ごめんねって思いながら、今は自分のことをやる。そして、巡り巡って困ってる人を助けられたらOKってことにする。

<身体接触について>

ふと「彼氏に会いたいなぁ」と思った。身体接触がないと、ストレスがたまってゆく。だからって誰でもいい訳じゃない。「本当はくっついてはいけない人」にくっつくと余計なストレスを感じるので、やっぱり「くっついても良い人間(彼氏)」にくっついときたい。

<人間性について>

皆いい人だなぁと思うし、自分はやばい人だなぁと思う。私は空気を読めないのではなく、あえて読んでいないのだと思う。

もともとハイパー神経質で空気読む人間だったけど、きりがないのでもう空気を読まないのだ。

でも、あまりにも社会人として人間として、やばい気もする。

若気の至りとして許される範囲か?中2病がなおらない、あはは、で済まされることか?分からない。

人に気を使い始めると本当に自分のことのように思い悩むことを分かってるからこそ心に蓋をしてるのだと思う。中学生の頃のトラウマ、教訓。

<最後に>

さて、いなフリも折り返し。毎日こなすべきことを淡々とこなしていこうと思う。それだけ。シンプル。でも、それだけじゃつまらないかもしれない。人と交流しようか。でも、浅い交流したところで時間の無駄。深い交流前提のときだけ交流しようか。コミュニケーションにおいて、わたしはハイパー効率重視だなぁ。

関係ないことばかりだなぁ。note書きすぎたので、この2日で感じたことに興味がある人はさかのぼってくださいませ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

田舎フリーランス養成講座

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。