死ぬことの許可

「死にたい」ってつぶやいたら

「死んだらだめだよ、僕が悲しいから」って言われて

たったそれだけで「もう少し生きよう」と思える、私の弱さ。

私が死んで

誰かが悲しむとしても

「別にいいや」って思うけど

君に「死んじゃだめ」って言われて

「そっか、だめなんだ」って納得してしまうから

きっとこれは特別な何か

特別な名前のつく感情なのだろう。

「好き」はありふれた表現で

特別って感じがしないから

じゃあ

君のこと

好きじゃない。

この気持ちの名前を知りたい。

だけど知ったら終わってしまうかもしれない。

この気持ちの名前

探し続けることを

僕の生きる意味にしよう。


<コメント>

生きる意味がないことはもう分かってるけど、だからってすぐに死ぬのは趣がないので、恋愛に絡めて生きる理由を無理やり作ってみたい。「生きる意味がある」って明るい勘違いをしながら生きてみたい。

「好き」って気持ちは平凡。程度の差や大小で変化をつけることはできるかもしれないけれど、「好き」という気持ち自体は平凡。「楽しい」「嬉しい」「悲しい」とおんなじ、「好き」。

平凡な気持ち。「好き」は普通の感情。

君のことは特別って思いたいから「好き」って言わないよ、っていう言い訳?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

詩みたいなものたち

詩人です。普段思ったことを、日記でもなく、小説でもなく、詩でもない短文で書きとめています。 GARNET CROWのAZUKI七さんの文章が好きです。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。