�さよなら、さつまいも

3本のさつまいもを捨てた。

カビてしまったからだ。

秋田のおじいちゃんが畑で育てて、おばあちゃんが郵送してくれた3本のさつまいもを捨てた。

明日、干し芋にする予定だったのに。

りょうごくんと一緒に干し芋作りをしようとしてたのに。

カビてしまった。

いや、カビさせてしまったというべきか。


さつまいもには足がないので

「あ、カビるなぁ」と思ったところでカビを避けられない。

私たち人間が救うしかない。


さつまいもをカビさせてしまったこと、誰に謝るべきなのか。

作ったおじいちゃんか。送ったおばあちゃんか。それともカビを目撃してしまった私に対して「かわいそう」って感情を向けるべきなのか。


さつまいもくらい、数百円で買える。だけど貰った物だし、「干し芋になる」って将来が見えてただけに、少し悲しい。


こういう「どうでもいいこと」を見過ごさずに生きることが、私の仕事の第一歩。気付かなくても済むようなことに気付きながら生きていく。無駄なことに一喜一憂してるくらいじゃないと、人生、暇なんだよ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

エッセイ・雑記

とりとめもないことは全てここに。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。