ヤスタニ アリサ

小説、エッセイの投稿、その他いろいろと面白いことしたくて試行錯誤しています。コメント喜びます。
固定されたノート

ショートショート「背骨から始まる」

夏の空気は濃くて重くて、上からの日差しと下からの照り返しはまるで何かの罰を受けているようにも感じる。 会社の昼休み、スターバックスの裏手の駐車場でアイスチャイラ...

8

「リカバリーを信じなさい」

「体調が悪いとき、ありさは掃除をしたがる」 体調が悪くなる兆しはいくつかあって、例えば部屋の汚さが許せなくなって深夜なのにがさがさと家の片付けを始めたりする。 ...

10

【日記】コスミスミコにはなれないの

こころばかりの物を献上したいと思わせる子がいる。 過去にたわいもないお土産をあげたときににっこりと笑い、全身で喜びを表現してくれたから、またあげたいと思わせる可...

0

ぼくのなつやすみ

自販機の聖地に行きました。 これ職場に欲しいです。 ハムチーズトーストまいうー。 いろはすウォーター。瓶で飲んだの初めて。 もう一枚。 ようかいけむり(おばけ...

12

【旅する日本語】最後はきっとハッピーエンド

気持ちが不安定な向きに傾くと、 お金を使うことを躊躇するようになる。 精神状態がまっとうなときには、とりあえずは働けば必要なお金は入ってくるし、足りなければ追加...

8

掌編小説『かみさま』

あの人はまるでかみさまのような存在でしたと例えたなら、あなた方は揃いも揃って私のことを気味が悪いと嗤うでしょうか。 思えば恋というものは、その想いが自身の中で高...

0