相手に興味を持つということがコミュニケーションのほぼ全てだと思っている

 インタビューライター丘村奈保子さんの「人生が変わる会話術」を読んだ。


 目から鱗の落ちる本で,コミュニケーションに苦手意識のある人には特効薬となる可能性が高い。

 いくつか,私の学びになったところを紹介してみる。

1 「違い」を話の軸にする

 「共通点」を探せというメッセージはコミュニケーションのノウハウ本で溢れてる。私もそう書いたことがある。

 この本では,逆に「違い」を探し,その違いが生まれた理由を質問にしてしまう,ということの大切さが説かれていた。

 なぜって,人はそれぞれ違うはずで,共通点を探すのは大変だから。人は「違っている部分」のほうが圧倒的に多い。だったら,「違い」を話のネタにしちゃったほうがいい,という考え。

 これは,なるほどなぁと頷いた。

 「違い」をちゃんと軸にして質問するためには,ある「気持ち」が必要。

 それは,ちゃんと相手に興味関心を持っているかということ。

 興味関心を本当に持っていれば,少なくとも義務教育を受け,数十年の人生経験を蓄積してきたあなたなら,質問が生まれないはずがない。

 もし,相手に対して質問が生まれないなら,その理由は2つあると思うのだ。

 (1)相手に興味や関心がない

 (2)質問が本当は生まれているのに聞いちゃいけないと思って抑圧している

 今度,人と話すときは,とりあえずこう思ってみたらどうかな。

 「その人のことよく知りたい」

 

 めんどくせぇぇぇぇ!!! 


 って思うより,


 「すっげー興味ある,知りたい知りたい!」


 って思ったほうが,絶対に自分も楽しめるし,相手も喜ぶ。

 一石二鳥じゃん。

 

 あとは,相手に興味を持てないときって,

 相手に興味を持つ余裕がない場合も多い。

 相手にとって自分がどう見えているかとか,自分は今コミュニケーションをちゃんととれているかとか,そういうことを気にしてしまって相手に興味を持つ余裕を失っちゃうんだよね。

 相手にとってどう見えているかを考えたって,自分が今コミュニケーションをとれているかを考えたって,相手は何も喜ばないにもかかわらず。

 思い出すべきは「そもそも論」だよね。

 何のためにコミュニケーションとってる?

 自分が相手にとってまともに見えるようにするため?

 自分が「よし,今日はコミュニケーションをとれた」と思うようにするため?

 自分の自意識やちっぽけなプライドを守るため?

 そうじゃないよね。

 自分と相手が楽しむためとか,仲良くなるためだよね。

 だったら,脳みそを・・・つまりは興味関心を,一番楽しませるべき「他人」に向けてみようか。

 そう意識改革できれば,もうちょっと会話が楽しくなるんじゃないかな。


2 質問は樹形図


 この本には,ありがちな悪い質問例が載っていた。

 A「好きな食べ物はなんですか」
 B「ホットケーキです」
 A「休日は何をしていますか」
 B「本を読んでいます」
 A「どちらのご出身ですか」
 B「東京です」

 一見すると,質問と答えが続いているように見えるけど,相手がせっかく考えてくれた答えをAさんは完全スルーしてるよね。

 世の中には「話泥棒」というのがいて,相手の話に割り込んですぐに自分の話をはじめちゃう輩の多いこと多いこと。

 ですが,「話泥棒」と同じくらいに,この「話スルー族」というのが結構いて,話泥棒と同じくらい,話し手の気分を害するのです。

 ここでひとまずの結論。

 相手の話はスルーするな。スルーせずに掘り下げろ。

 質問は樹形図だから,

 枝が広がっていくみたいに,

 ある質問に対して返ってきた答えを広げる質問をする。

 どんな質問をして広げればいいの?

 自分が興味のある方向性に広げていけばいいんですよ。

 本を読んでるっていう話を相手がしてたら気になりませんか。

 どういう本を読んでいるの?

 いつから本好きなの?

 やっぱり本を読むスピードは速いの?

 ホットケーキが好きって聞いたら気になりませんか。

 自分でも作るの?それともお店?

 お店ならどこのお店がおすすめ?

 そのお店のホットケーキはどこが美味しいの?

 あまいもの全般好きなの?


 相手の答えをスルーしないという原則さえ守れば,あとは自分の興味の赴くままに質問をしてっていい。

 


 こんな感じの学びを与えてくれるので,

 丘村さんの「人生が変わる会話術

 興味があったら読んでみてくださいな。



 

 

 


 



 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただきありがとうございます!スキやフォローをしていただければ,それだけですっごく励みになり,また書こうという気力が湧いてきます。

17

コミュニケーション能力向上委員会

お堅い「仕事向け」のコミュニケーションから,やわらかい「恋愛」向けのコミュニケーションまで。人とよりよくコミュニケーションをとっていくための方法を追求するマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。