ASPAC 現調@チェジュ 1日目

6/17(月)〜20(木)済州開催のASPAC視察報告。

ASPAC視察1日目

現調同行者
国際・須賀理事
国際政策委員会・灘部委員長
国際政策委員会・金子総括
国際政策委員会・泉副委員長

各々現地に到着
成田ーチェジュ(直行便)・・須賀理事、泉
羽田ー金浦空港ーチェジュ(トランジェット)・・灘部委員長、金子総括

済州国際空港は島ということもあり、とても簡素化されていた。

肌で感じる季節感は5月下旬。暑くもなく寒くもなく心地良い。6月のASPAC本番は相当暑いことが予想されます。

飛行機降りると、チェジュの守り神「トルハルバン」がお出迎え。ちなみに、この「トルハルバン」はチェジュのいたるところにいます。チェジュの方言で「石のおじさん」という意味だそうです。このおじさんの鼻を女子が触れると男の子を授かると言われているんですってーーーチェジュ市内には45トルハルバンいるそうです。このおじさんを見つけたら鼻を触ってあげてくださいw

済州国際空港の外観

出口出たところにトルハルバン発見!普通にベンチがわりに座ってる女の子

では早速、《空港からASPAC会場までの行き方》を案内します。

ASPACの会場であるは空港の反対側にあります。

〜行き方は3通り〜

①タクシー

空港出口出ると横断歩道があります。横断歩道を渡るとタクシー乗り場があります。空港からICC JEJUまでは約60分です。36000ウォン(約3500円!安いw)

西側に来るとJCI JUNGMUNの石碑が見えました

②600番 空港リムジンバス(AirportLimousine)

チェジュ空港から15分間隔で運行する中文観光団地西帰浦(ICC JEJU側)を往復するバスです。

チェジュ空港から出発し、新済州ザホテルを経由し中文観光団地の各ホテルなど巡ります。

ICC JEJUへ行くには「済州国際コンベンションセンター」で降車してください

約50分 5000ウォン(約500円)

バス降りると目の前にICC JEJUがあります

③レンタカー

事前予約が必要。お酒飲んだり、団体行動したり、などを考えるとあまりオススメしない

※須賀理事と泉はタクシー、灘部委員長と金子総括はバスでホテルまで移動。なんだかんだでタクシーの方が便利だねとなった。

無事着いて良かったとチェジュの地ビールをクイッと飲む須賀理事

《ホテル》

私たちは今回のASPAC会場:ICC JEJUの横のホテルBOOYOUNG jeju」に宿泊

大会期間中メインホテルとしても使用されています

ホテルの窓からもこんな近くに見えます

BOOYOUNG jejuのことはホームページをご覧ください。プールあり、ジムあり、マッサージあり、コンビニあり、かなり充実しているホテルです。ホテルコンシェルジュも丁寧で優しい、そしてキレイ

ホテルガイド

地下1階のコンビニは朝7時〜24時までやってるから、不自由なく使えます。お酒や日用品も売ってます。タバコも売ってます。

ホテルには日本語が話せるスタッフがいます
タクシーの手配やグルメ情報などお願いすると楽です

《グルメ情報①》

1日目夜はホテルから車で5分くらいの黒豚焼肉屋「Don-i-rang」

地元の人で賑わっているお店です。ホテルオススメの焼肉屋でもあります

お店の中に入る須賀理事と灘部委員長

こんな塊の黒豚が どぉーーーん! と出てきます

おじさんが焼いてくれるから、私たちは待ってるだけ

こういう筒状の強力な吸引煙機で焼肉の煙を吸い取ってくれるので、店内は煙くない

黒豚の塊を一口大にハサミで切って焼いていきます
チェジュの地ビールがよく合う!

部位ごとに食感が違う!

韓国スタイル!
1)キムチなどのお通し食べ放題
2)肉は韓国味噌やオリジナル貝出汁などつけて、サンチュにくるんで食べます

このお店凄く広くて使いやすいお店なので、東京ナイト候補になりました

行きはホテルからタクシーで向かったのですが、なんと!私たちが食べ終わるまで待っててくれたんです!!!

《グルメ情報②》

1軒目は〆を食べずに焼肉屋はしごw

先ほど待っててくれたタクシーのお兄さんに「とりあえずロッテホテルへ!」と連れて行っていただきました

ロッテホテル横の「Sin woosung Town」にある焼肉屋へ

日本では見なくなりました
牛のユッケ!!!
生肉好きにはたまりません

定番の牛カルビ
しっかり味が付いてるので、そのままでOK

シメは定番のビビンパでお腹パンパンの4人でしたw


《チェジュっていったらカジノでしょ!》

お腹も満たした事だし、あとはカジノやって寝るだけ!
来ました!
『LOTTE HOTEL B1 カジノ』

ここから先は撮影NGなので入り口だけ

初心者のためのカジノに入る時の注意点
1)パスポートは必ず持参しましょう!
2)スマートウォッチはNGです!
3)ドレスコードチェックしましょう!

中ではお水やコーラなどドリンクは自由に飲めます
カジノに白熱すると喉渇きますw

カジノっていうと大金が。。。と思う方もいるかもしれませんが、少額(1000ウォン)から大丈夫です

またルールが分からなくても教えてくれるから、素人でも大丈夫です
実際私は初カジノでした
須賀理事に教えていただきながら楽しく遊ぶことが出来ました

須賀理事と灘部委員長のカジノセンスに心から感動し、私と金子総括は二人を置いてホテルに帰ったのだった

そういえば、二人を待ってる間に飲んだイチゴモヒートが結構美味しかった
普段日本酒かウィスキーしか飲まない私が、つい頼んでしまうくらいチェジュの夜は熱い!

1日目のまとめ)
・タクシー便利
・日本語話せるスタッフ見つけるとテンション上がる(結構います)
・レストランでも日本語メニューをいただこう
・カジノは必ずパスポート持参
・リゾート地なので動きやすい格好がベスト
・夜 ちょっと冷えた

以上 ASPAC現調 1日目でした

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

SHOKOYSTER

ASPAC 2019

2019/6/17-20 ASPAC @チェジュ視察
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。