【去年の冬、きみと別れ】※ネタバレなし、ボケなし。

この映画を観てきました。

点を結んで線にするサスペンス系は大好物で、いくつも観てきました。
でもだいたい伏線を見逃さないように観るから疲れちゃう(でも好き)んだけど、この作品はそんなことなかった。


謎は残らず全部線で繋がるから、後に残るものがなく、サスペンスなのになんだか爽快感を得られる。

なんて表現したらいいんだろう。
すーっと物語の世界にエスコートされる感じで、いつのまにか引き込まれるんだよね。

斉藤工の犯した罪から始まるわけだけど、物語の構成がものすごく考えられて作られているのではないかなと。だから謎に迫っていても、謎を追っている気分はほとんどしない。焦らされた感覚もない。でも騙されてる(笑)

「つなぎ」がしっかりしてるのかな。矛盾もない。
これを映画の完成度というならかなり高い水準で作り上げられてるのではないか。(前回観た羊の木がダメ過ぎたのかもだけどw)

罪の真実を負うのが主役の岩田剛典なんだけど、もうなんだろう美しいのよw
イケメンてだけでなくね。
見城さんが使われた表現「人間の純情と狂気が描かれている」を用いるなら、相反する純情と狂気の表情が全くの別人で、(人格や性格が豹変するような話ではないよ)美しい。
浅見れいなも正直、こんな綺麗で素敵な女優だと思わなかった。狂気を纏う妖艶な女に魅せられました。北村一輝山本美月土村芳みんな良い。
絶妙のキャスティング!

「化け物」の最後のシーンは、満ち足りたはずなのに切なさとやるせなさが滲み出て、すごく儚く映る。(観る人によって変わるかもだけど、物哀しく映りました) それでも爽快感が何やら溢れている不思議な映画です。

上四半期No.1に。

※予告編はなんというか、化け物の作り出す世界は見せてくれてなくて(見せるとネタバレになるから)、あれはあれで予告編作るの難しかっただろうなと。
予告編であまり刺さらなかった人、興味持てなかった人にこそ、ぜひ観てもらいたい映画です。

僕はもう1回観る。
ここまで完成度高い映画を、完璧に理解するために。

(久々)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとう!でもあと13個欲しい!
3

オススメ

何かをオススメする記事
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。