【名探偵141ちゃん⑤】

ここは、正垣邸

応接室に晶子と、執事のたく爺が呼ばれていた。
道端は厳しい形相で、晶子に近付き
『えー加減に自供せーっ!ネタはあがってんねん』
いつもの温和な道端では無かった。

たく爺は、表情ひとつ変えず…そのやりとりを見ていた。
そこに、少し遅れて141がやって来た。
『いやぁ…皆さん、大変お待たせしました』

この続きをみるには

この続き:5,833文字

【名探偵141ちゃん⑤】

141ちゃん

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート頂いたお金で、執筆に必要な鉛筆と紙を買わせて頂きますw 決して、おねーちゃんと遊びに行ったりしません。

課金されました。
3

141ちゃん

こんにちは「いしいちゃん」と読みます。 北新地でBar を営んでおります。 ニュースや日常の出来事を、わかりやすく書いたり、はたまたオチのある話だったり、下ネタだったり……ジャンルに統一性はありませんw 皆さんの、コーヒーブレイクにドーナツを添える感覚で書いてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。