【名探偵141ちゃん②】

しばらくするとドアをノックする音が聞こえ、これまた銀髪の身嗜みのきちんとした執事がお茶を運んできた。
歳の頃は、屋敷の主人である正垣と同じ60代後半といった辺りだろうか。

『どうぞ....』
そう言って、執事はテーブルにお茶菓子と紅茶を二つ手際良く並べた。
早速、それを手にして141は
『ところで警部、京都は初めてですか?』

道端はタバコに火をつけ、煙を燻らせながら
『あぁ、長いこと関西にいるけどゆっくり観光した事はないかなぁ』

『そう言えば....関西長いのに、全然標準語抜けないですね?』

『そうかな?気にした事ないけどね…141ちゃんも関西弁ぽくないけどね』
と、道端は何気なしに扉の方に目をやると…
扉が少しだけ開き、そこから…こちらを覗き込み、会話を盗み聞きする怪しい人影に気付く…

『なぁ…141ちゃん、気が付いたか?』

141は、豪華なお屋敷の調度品の数々に夢中で、外の様子には気がつかなかったようで、首を横に振った。

長年の警察の勘なのか…事件の匂いを嗅ぎつけ
『あの殺気は尋常じゃない....ちょっと見てくる』

そう言って立ち上がり、道端は応接室を後にした。
残された141は、紅茶を飲みながら、まだ部屋に残っていた執事に話かけた。

この続きをみるには

この続き:2,591文字

【名探偵141ちゃん②】

141ちゃん

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート頂いたお金で、執筆に必要な鉛筆と紙を買わせて頂きますw 決して、おねーちゃんと遊びに行ったりしません。

バルスっ!!!!

141ちゃん

こんにちは「いしいちゃん」と読みます。 北新地でBar を営んでおります。 ニュースや日常の出来事を、わかりやすく書いたり、はたまたオチのある話だったり、下ネタだったり……ジャンルに統一性はありませんw 皆さんの、コーヒーブレイクにドーナツを添える感覚で書いてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。