ずっと変わらないもの

卒園した幼稚園に、ご縁があって年に1,2回行かせていただいている。

「耐寒かけあし 」という行事に参加させていただき、今年で3回目となった。

ここ「しぜんのくに」は、でこぼこのまま当時からほとんど変わっていない。(しぜんのくにとは、園内の事をそう呼んでいる)

耐寒かけあしとは、時間内をぐるぐると、走り続けるマラソン週間の集大成みたいなものだ。コースは、でこぼこ道、階段、急カーブ、小さな橋、木のトンネル、土道、芝生、コンクリートという、バラエティにとんだコース。

しぜんのくにで過ごしている園児たちは、とても強い。木の根っこにつまづいても、すぐ立ち上がり走り出す。まるで何事もなかったかのように。
こけ方がうまいのか、みんな走ってるから止まりたくないのか、特別なことでなくその子にとってこけることは、普通なのか。毎回、園児を見ていてびっくりしてしまう。

記憶が良い方ではなく、なかなか幼稚園の事を思い出せないけれど、一緒に園児と走っていると、断片的に蘇ってくる。
木のトンネル、タカタカ山という土の山、ザリガニ、メダカがいる池、当時からいらっしゃる先生方も変わらない。
こんなに大人になっても変わらないって素敵だ。幼稚園がその素晴らしい環境を守ってくださってるんだなと、暖かい気持ちになった。

自分が育った場所、育てていただいた場所に、今も関われることが、心から嬉しく、心から楽しい。子どもには、想像を超えるパワーがあり、本当に帰る頃には元気100倍もっていた気がした。

#変わらないこと #幼稚園 #変わらない先生たち #懐かしい風景 #強い子どもの秘訣 #大人になったものだ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。共感していただいだり、楽しんでいただけましたら、とても嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

いつもありがとうございます*モットーは “失敗は成功のもと“
9

Yurika Nakamura

兵庫県西宮市出身。2008年北京五輪、女子マラソン日本代表。翌年の世界陸上ベルリン大会1万m7位入賞。2014年に現役引退、現在NOBY T&F CLUB コーチ、名古屋で女性を中心としたランニングクラブで活動中。スポーツに限らず、日常で感じた事を書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。