銀行に貯金するよりもお得であり安心の個人向け国債

はーいどうも
月間30万pvある資産運用ブロガーの稲葉山城です
https://www.a-bout.jp/
低金利時代なんで銀行預金を預けてもなって人向けです。

給料を貰ったらどうしますか?と聞かれたら
日本人の9割は銀行に貯金してると答えますが
それは何故?でしょうか?
それは常識であり金融の知識がないからです。

「三大メガバンク」 「ゆうちょ銀行」 の普通預金の金利
三菱UFJ銀行
0.001%
三井住友銀行
0.001%
みずほ銀行
0.001%
ゆうちょ銀行
0.001%
となってますがこれより安全でお得な金融商品は知ってるか?と
聞かれたら多分ですがほとんどの人が答えれないでしょう。

「三大メガバンク」 「ゆうちょ銀行」より安心安全でお得なのは
個人向け国債です。

「国債」は国庫債券の略で
「日本国」という「国」が発行する債券なので
株式や投資信託に比べて安全性が高く
投資初心者にも購入しやすい商品です。
個人で保有できる「個人向け国債」

個人向け国債には
満期(お金に換金されるまでの期間)
金利(1年間にもらえる利息)が異なる
「変動10年国債」 0、09%
「固定5年国債」 0、05%
「固定3年国債」 0、05%
があります。

「三大メガバンク」 「ゆうちょ銀行」より50倍の金利が付くのが
個人向け国債でさらに銀行よりはるかに安心出来て安全です。
個人向け国債は「日本国」という「国」が発行してるので
分かりやすい言えば日本国が元本保証しているんです。

銀行と日本国どっちが潰れない?って質問したら
100人中100人が日本国って答えます。
それぐらい差があるのは理解出来ますよね?

でもお金が返って来ない可能性は?
これは極めて低いですが日本が戦争になったり革命が起きたり
日本がデフォルト債務不履行になればお金は返って来ないですが
そんな状態になれば当然銀行に預けてても同じです。

何故50倍の金利が付いて銀行より安全な個人向け国債を
ほとんどの人は利用しないのかと言えば知らないからです。
ただそれだけです。

日本の場合はお金の話はNGってなってるので
調べない、勉強しない、知ろうとしないの3つの要因で
銀行預金より安全で安心で金利の高い個人向け国債すら
知らない人が大勢います。

ですがこの記事を読んでる時点で他の人が知らない
個人向け国債を知れたので他の人より進んでますので

さぁ国債を買いに銀行に走りましょう。
企画に参加していますんで
♡マークの「スキ」ボタンで応援してくれると頑張ります

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

A-BOUT

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。