日本人は将来は出稼ぎに海外に行く人が続出するかもしれない

はーいどうも
月間30万pvある資産運用ブロガーの稲葉山城です
https://www.a-bout.jp/
日本の平均年収は422万円だけど平均年収より本業が安いブロガーです。

日本の平均年収
平成28年度:422万円
平成27年度:420万円
平成26年度:415万円
平成25年度:414万円
平成24年度:409万円
平成23年度:414万円
平成22年度:408万円
平成21年度:409万円
平成20年度:412万円
90年代より平均年収は減っています。
90年代の年収を調べてみると
1993(平成5年) 452万円
1994(平成6年) 456万円
1995(平成7年) 457万円
1996(平成8年) 461万円
1997(平成9年) 467万円
1998(平成10年)465万円
1999(平成11年)461万円

【2017年】世界の平均年収ランキングを紹介
【国別・世界の平均年収ランキング トップ20】
1位 スイス 1073万円 (95,002)
2位 ノルウェー 921万円 (81,508)
3位 ルクセンブルク 899万円 (79,591)
4位 デンマーク 835万円 (73,959)
5位 オーストラリア 791万円 (70,050)
6位 アイルランド 767万円 (67,922)
7位 オランダ 685万円 (60,621)
8位 アメリカ 645万円 (57,139)
9位 ベルギー 641万円 (56,729)
10位 カナダ 638万円 (56,518)
11位 スウェーデン 624万円 (55,245)
12位 イギリス 614万円 (54,350)
13位 フィンランド 608万円 (53,851)
14位 オーストラリア 599万円 (53,091)
15位 ドイツ 547万円 (48,479)
16位 フランス 541万円 (47,885)
17位 イタリア 431万円 (38,145)
18位 日本 429万円 (37,988)
19位 イスラエル 408万円 (36,109)
20位 スペイン 403万円 (35,693)

日本の平均年収は世界18位にランクインしてますが
日本の平均年収はバブル時代より減っていってます。
経済世界1位のアメリカは
2000年3月の平均時給は13.85ドルですが
18年後の2018年3月は22.46ドルと1.62倍になっています。

この図を見ると分かりますが日本だけが
賃金が上がってません。
これから爆上がりするよって言う人がいるなら
見てみたいです。
今後も多分日本の賃金は上がらないでしょう。

バブル景気勢とデフレ万歳勢がいるかぎりです。
バブル景気勢とは?
俺の造語なのでググっても出ませんので
バブル景気勢とはバブル時代と比較してバブル時代がバブル時代が
と騒ぎ立てる人の事です。

デフレ万歳勢とは
これも造語ですので
今はインフレしてきてるので物の値段が上がると
庶民は嫌がりますし、鳥貴族では値段を上げると一斉に客が減ったそうで
デフレ万歳勢のせいでしょう。
ネットで見るとお菓子などで値段をそのままで量を減らすぐらいなら
値段を上げる方がマシといいますが
馬鹿正直に値段を上げると庶民は逃げるのが現状です。

2018年時点のオーストラリアの最低時給は
日本円にすると、時給1,500円くらいです(1AUD=85円)。
休日に労働すると時給3,800円ぐらいになるそうです。
その分もちろん物価は高いですが賃金が高いですから
日本に出稼ぎに来てる外国人のように
日本人もこのままでは外国で稼いで日本に送金なんて
時代が来るでしょう。

だって給料上がらないのに世界では給料が上がり続けてる
んですから物価が安いで代名詞であった
タイでも10年で2倍まで給料が増えてるそうです。
2050年ぐらいには日本人がアジアに出稼ぎが
当たり前の時代が来るかもしれません


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

A-BOUT

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。