株価が下落してるからこそウォーレン・バフェット の名言を見るべき

はーいどうも
月間30万pvある資産運用ブロガーの稲葉山城です
https://www.a-bout.jp/
ウォーレン・バフェットを知ってる日本人がどれぐらいいるか気になるブロガーです

ウォーレン・バフェットを知ってますか?
フォーブス世界長者番付2018 世界3位
資産額を840億ドル(約8兆9000億円)
100万円から始めた株式投資で約9兆円まで増やした
生きる伝説にして株式投資の神様です。

そのウォーレン・バフェットは名言を数々残してるので
今回のような株価が下落してる時に読んで
自分の保有してる銘柄はどうなのかを見つめ直しましょう。

「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。
みんなと同じように動いていては、
所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

「 今後10年間市場が閉鎖しても喜んで持ち続けられる株(企業)だけを買いなさい。」
ウォーレン・バフェットが保有してる銘柄は
コカ・コーラ、アメリカン・エキスプレス、アップル、ウェルズ・ファーゴ
クラフト・ハインツなどがあります。

こんな逸話があります
アメリカン・エキスプレスがアメックスが
融資をしていた会社が詐欺事件に巻き込まれ
アメックスは融資した資金を回収できないのでアメリカン・エキスプレスが
倒産するのではないか?と噂されて株価が大暴落してる時に
レストランのレジでは大勢がアメックスカードを使って支払いをしてたので
ウォーレン・バフェットはアメリカン・エキスプレスは大丈夫と判断したそうです。

「本当にすばらしいビジネスは不朽の「お堀」が存在し、それによって高い利益が守られている。」

コーラと言えばコカ・コーラみたいな圧倒的なブランドを持つ企業の事で
単語で企業を連想できる企業の事です。

「私は馬鹿でも経営できるほど優良な企業の株を買うようにしている。なぜなら遅かれ早かれどの会社もそういう人が経営するのだから。」

またコカ・コーラでいいますがコーラなんて誰が売っても変わらないのと
同じで自分でも経営出来る企業に投資をしろって事です。

「市場動向や他人の意見につられて株の売買をしない。」
永続に利益を出す企業なら市場動向なんて関係ないって事です

「株が下落したときに売ってはいけない。むしろ買うべき」
億万長者になる人はこれが出来ています。
バーゲンセールを見逃さない

「今日や明日、来月に株価が上がろうが下がろうが、私にはどうでもいいのです。」
10年や20年後にどうなってるかが重要って事です。

どうでしょうか?株価の上げ下げを気にするようでは
その企業に投資はしてはいけないって教えを説いてる
世界1の投資家の言葉です。
焦ってる時こそウォーレン・バフェットを見直しましょう

企画に参加していますんで
♡マークの「スキ」ボタンで応援してくれると頑張ります

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

A-BOUT

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。