お金の知識は法律と同じで知ってる者の味方

はーいどうも
月間30万pvある資産運用ブロガーの稲葉山城です
https://www.a-bout.jp/

「法律は法律を知っている者の味方」
って聞いた事ありませんか?
法律は決して弱い者の味方ではありません。
法律は法律を知っている者の味方なのです。
庶民が法律を熟知しているはずがありません。
庶民には顧問弁護士を雇用する金銭的な余裕はありません。
法は結果的にお金持ちの味方になってしまうのです。

って言葉ですがこれはお金にも言える事です。
お金は決して弱い者の味方ではありません。
お金はお金を知っている者の味方なのです。
庶民がお金を熟知しているはずがありません。
庶民にはお金のプロを雇用する金銭的な余裕はありません。
お金は結果的にお金持ちの味方になってしまうのです。
法律をお金にかえるだけでガラッと変わってしまします。

ほとんどの一般人の金融知識は皆無と言っても良いレベルです。
投資信託も知らなければETFも知らないし
積み立てNISAも知らなければ、イデコも知りません。
株式投資を知ってても配当金を知りません。
これが現状であり現実なんです。

さらに言えば会社が誰の持ち物かも理解してない人が多い
社長、従業員なんて答える人は普通にいますし
答えは株主です。
さらに会社が儲かったら従業員に還元しろ
なんてトンチンカンな事を言い出す始末です。

1億円を貯めるなんて不可能と思ってる人がほとんどですけど
毎月10万円をS&P500に積み立て投資すれば
28年で1億円に届く事も知りません。
S&P500の平均リターンは30年で7%なので

ビルゲイツを知っててもウォーレン・バフェット を知らない
ウォーレン・バフェット は株式投資の神様と言われていて
100万円から9兆円まで株式投資で増やした
生きる伝説で世界長者番付2018年3位です。

資本家>労働者の優位性は証明されてることを知らない
トマピケティ21世紀の資本でr>gの優位性は証明されている。
「r」は資本収益率を示しており「投資利回り」は年5%程度で
「g」は経済成長率を示しており「賃金の伸び率」年1%程度を
証明したのです。

労働者はどう頑張っても資本家に勝てない事を
証明した公式と言っていいでしょう。
「賃金の伸び率」年1%程度、「投資利回り」は年5%程度
天地の差ほどあります。
「賃金の伸び率」年1%を1億円で40年なら
1億4888万円ですが
「投資利回り」は年5%を1億円で40年なら
7億7344万円です。

お金の知識は法律と同じで知ってる者の味方と言った
意味合いが分かったでしょう。
ならお金の勉強に勤めましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

A-BOUT

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。