定年前に生活費の見直しは絶対に必要 下手をすれば老後お金で苦しむ

はーいどうも
月間30万pvある資産運用ブロガーの稲葉山城です
https://www.a-bout.jp/
親が老後貧困のブロガーです。

定年前のあなた生活費を見直してますか?
定年して退職金が入って5年もすれば年金が貰えるから
何も考えてないし老後をまったり過ごす事だけしか考えてないなら注意です。

実際に定年退職もしてませんがそういう本や記事などを見てると
生活費に見直しは大切だなって感じるので
定年退職後の仕事をしてなければ当然ですが
年金を貰うまでは収入は0円で毎月お金が減って行く事を理解する事

そんなの当たり前じゃないか!!なんて思うじゃないですか
日々貯金が減っていくのはストレスがかなり掛かるそうで
こんだけ貯金あったのにもうこれだけかって思うと精神的に
凄く負担が掛かるそうです。
さらに年金ってなんぼ貰えるのかなんて案外知らないって
意見が多いんですよ。
貰ってからあれ?予想より少ないぞなんて言う人は結構います。

そうなる前に定年後に働くか働ないかは分かりませんが
生活費を見直さないと猛烈にお金が減って行きますので
気を付けて下さい。

いやいや、俺は定年後も働くから関係ないよって言う人も
生活費の見直しは絶対に必要です。
例を言えば定年前に収入が40万円あり毎月の支出が30万円と
するなら定年後の収入は20万円ぐらいまで減る事を知ってますか?

定年後の働いても今の会社で働いても定年後は
平均で給料の半分にカットされてしまうんですよ。
それが当たり前で酷い企業になると7割カットなんて例もあります。
7割は減りすぎですが半分のカットは当たり前なので
収入が20万円に対して支出が30万円で毎月10万円の赤字です。

いやいや、10万円の赤字?その10万円分を支出をカットすれば
いいじゃない
なんて思うじゃないですか
じゃあ何をカットするんですか?って話になるんですよ。

毎月10万円も無駄に支出だしてるんですよ
なんて家はおそらくないでしょう。
そんな家があればある意味アホでしょう。
他人から見れば無駄遣いでも本人から見れば必要経費なんです。

極端な事を言いますが
毎月4万円の食費だとしても月2万円の人も現実にいます。
家賃6万円だとしても家賃3万円の人もいます。
娯楽費3万円だしても0円の人もいます。
↑のように無駄だから全部この数字にしろって言われても
ほとんどの人は無理です。

人には自分にとっての必要経費があるんで
お酒好きに無駄だから禁酒しろなんて言っても無理なように
出来る事と出来ない事があります。

給料が減ったら減った分だけ支出を減らす為に
何を削るのかを先に考えておき、徐々に実行するしか手はないんです。
いきなり何万円も支出を減らせなんて出来るわけないので
定年前に生活費を見なして定年後にお金で苦しまない為にするべきです

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

A-BOUT

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。