見出し画像

デザインとデザイナーの違い

社会人になって3ヶ月ちょっとが経ち、
本格的にフリーランスの活動を始めて1ヶ月が経ちました。

いろんな活動を通して最近いろんな人に会う機会が増え、デザインについて話す機会も増えました。
そんな時に思うのが、みんなデザインについて考えている事が違うと言う事です。

今回はそんなデザインについて、またデザイナーについて話していきたいと思います。

(あくまで僕個人が思うデザインについてを書いています。これが正しいではなく、こんな考え方もあるという事を知っていただければと思います。)

結局デザインって何?

デザインをやってる方や興味を持ってる方であれば一度は考えた事があるのではないでしょうか。

この問いに対してみんな考えみんなが違う答えを持っていると私は感じます。


僕が思うデザインとは、
自分以外の人に対して考える事だと思っています。

どうすれば気持ちよく使ってくれるのか
どうすればもっとより良くなるのか
どうすれば問題は解決されるのか
どうすれば快適になるのか

こう言った人の為に何かをしたいと言う思いや考えがデザインだと考えています。

ではこの考えがデザインだとしたら、
これが出来てる人はデザイナーなのかという話です。


デザインとデザイナーの違い

モノからコトの消費になった時代で、よりユーザーの視点に立たなければいけなくなり、そういった考えを持った人は増えてきていると思います。

だからといってこの考えを持っている人たちがデザインができるだけでデザイナーとは言い切れないと私は考えています。

ではデザイナーになる為に何が必要なのか。

それは、考えをカタチに出来る能力です。

口で言うだけなら簡単な事でしょう。
しかしこれはかなり難しい事で、考えを膨らませ、ロジックを組んで具体化してカタチにする。
これが出来る人はなかなかいないと思っています。
考えを持たず自分の好き勝手カタチにする事もデザイナーのする事ではありません。

実際僕もデザイナーを名乗っていますが、
考えをカタチにするのが苦手で難しいと感じています。
考えがうまくカタチに落とし込めない時もよくあります。

(内装のデザインをやっていると素材や家具の知識面で感じる事が多いです。)


デザイナーに求められるもの

デザイナーになる為には考え方だけでは成立しません。
最近は考え方、すなわちデザイン思考と言うものが出来ているだけでデザイナーを名乗る人が多いように感じています。

一概にその事が良くないとは限りません。
そう言ったデザイナーが増える事でデザイナーがユーザーにより近い存在になってきているのは間違いありません。

しかしその反面でデザイナーの敷居が下がる事でデザイナーは簡単になれる=安く出来ると思われている事も事実です。
また安価でロゴなどを作ってくれる人もいます。


そう言ったデザインが出来る人とデザイナーを差別化する。自分がユーザーにデザイナーと思われる為にデザイナーには自分をブランディングする能力が必要不可欠になると考えています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

オダヒロト

Designer/思ったことをつらつら書き連ねます。home page▶︎https://www.designbyhiroto.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。