2018年2月4日 我闘雲舞 市ヶ谷大会

ベストマッチ さくらえみ&杏夏 vs 希月あおい&さくらえみW
MVP 紺乃美鶴

◆第1試合 シングルマッチ 10分一本勝負
山田太郎 vs バリヤンアッキ

アッキさんのステップアップが期待された一戦。
前半は山田さんが攻め、後半、アッキさんが立体的な動きで反撃しましたが、窓枠からのプレスを剣山で迎撃した山田さんが十字架固めでフォール勝ち。

◆第2試合 タッグマッチ 15分一本勝負
さくらえみ&杏夏 vs 希月あおい&さくらえみW

杏夏さんの弱さがアクセントとなった面白試合。
さくらさんは人の魅力を引き出す天才コリオグラファーだと改めて実感。
杏夏さんがラマヒに入りかけた所をあおいさんがジャイアントバックブリーカーでカットし、そこをさくらさんがカットして杏夏さんがラマヒを成し遂げた連携は抜群でした!
あおいさんは本当は暗かったのか(笑)

◆第3試合 シングルマッチ 15分一本勝負
里歩 vs 紺乃美鶴

病み上がりで里歩さんとのシングルメインという、厳しいカードに挑んだ美鶴さん。
美鶴さんが積極的に攻めていく所、ちょいちょい美鶴さんの動きで返す里歩さんの恐ろしさ。
頑張った美鶴さんでしたが、里歩さんを崩せず。
試合後、里歩さんが美鶴さんに歩み寄ることはなく、里歩鶴の距離の遠さが少し切なく。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

164(Hiroshi)

プロレス観戦記

プロレスを見て感じたことや写真など #プロレス
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。