見出し画像

教育の機会は平等か?

以前、田端さんがツイッターで


21世紀の階級対立は

持つものvs持たざる者、ではなく、学ぶものvs学ばざる者(学べざる者)

という主旨の発言をされていて

これはまさに私がずっと考えてたイシューなので

私の考えを書いてみます

私個人は

一生懸命真っ当に生きていたとしても、世界で何が起こっているのかを常に見ながら、自分の頭で考えて、選択して生きていかなければ、簡単に淘汰されてしまう

という考えを持ってます

実際に周りを見ても、一生懸命真っ当に生きてるのに報われてない人は多く、労働時間は長い、収入は低い、そして今後AIが普及すると職を真っ先に奪われかねない


その一方で成功している人は、常に学び、世界に敏感で、まさに自分で人生を選択して生きている


この差は学びの差であることは言うまでもないですが


ここで問題になるのが


学びの機会を与えられたかどうかということ

「そういう恵まれた環境にいたからだ!下流社会に生まれた苦労も知らないくせに偉そうに言うな!」

「いやいや、やるやつはどんな環境でもやるから!本人の意志次第じゃ!」

となると、まぁ水掛け論の平行線に終わる

私としては

言葉のレベル感を合わせないとそら平行線だわな

と思ってます

学べる機会があったかどうか?


私は

福沢諭吉の顔と名前を知っている人は全員、学ぶ機会があったと思ってます。

福沢諭吉は長らく一万円札に印刷されており

義務教育でも必ず習います

「学問のすゝめ」を書いた人

というのは普通、誰でも習ってるはず

そして有名な言葉が、「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」

ここまで知っていれば、もう教育を受ける機会がなかったとは言えないでしょう


そしてここからが、学んだ人と学ばなかった人の違い


福沢諭吉は「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」なんて言ってません


たまにバカな教師があたかも福沢諭吉が言ったことのように教えてますが

この事実を知ってる人は、運良く学ぶ機会があったか、自分の意思で学んだ人です。

彼は「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずって言うけど、実際世界を見てみたら、全然そんなことないやん。欧米諸国が、世界中食い荒らして、次々と植民地を増やして、現地人を奴隷として売買してる。これでどこが人は神の下に平等って言えるねん!?この差は何や??学んだか学んでないかやろ!日本の若者達よ!今こそ学びなさい!」と言ったんです



これが「学問のすゝめ」という本の書き出しなんですよ

まさに今、教育が大事だと言われてますが、そんなことは100年も前の日本人が言うてるし、本も出してる

そんなん習ってない!という人がいるかもしれない

私も習ってません


福沢諭吉て、偉い人って言われてるけど、何した人なんやろ?学問のすゝめって、どういう本なんやろ?て、思って調べただけです。

これです。

こんな簡単なことなんです。

人生を分けてるのは。

ほぼ全員スマホを持ってる時代


暇があったらひたすらスマホでゲームをやるのか


スマホを使って勉強するのか


それは自分で選ぶんです

教育を受ける機会は目の前にあるのに前者はみずから捨ててるだけ


とりあえず、福沢諭吉を知ってるなら、後は自分次第です。


学校に行くお金がないというのは言い訳です。

私は高校・大学と奨学金借りて自分で学費全額払って行ってました。

未だに月々返してます。

ただし、生きて行くお金がない、となると話は別なんです。


言葉のレベル感を合わせる必要があると言いましたが、まさにこの点なんです


高校なんか行かずにバイトして家にお金を入れてくれと親に言われる家庭があります。

これは、さすがにキツイですよね。


本人の意志で何とかなるもんじゃない。

また一般的に障害とされるものを抱えてる人やそのご家族。(虐待なども含む)

やはり困難が付きまとうと思います。


そして、福沢諭吉を知らないレベルの貧困層。

ここも一般人には想像を絶する環境だと言えます。

こういった人を救う、こういった人に教育の機会を与えるのが社会であり、政治であるべきなんじゃないかなと思います。


一般的に「金ない、職ない、政治が悪い!」と言ってる人のほとんどは、今までの自身の行いのツケが回ってきただけかと。

ちゃんと学んでたら、デモなんかより投票する方が遥かに政治家を動かせるとわかりますしね


よって、教育の機会は均等に与えられるべきですが、ほとんどの人は与えられてます。

ただ与えられてない人も現実にはいるので、全て自己責任論で切り捨てるのは危険だし、そういった人達を何とか救えたらなぁなんてボンヤリ考えたりもしてます。

なんかちょっとボヤけてしまった気がしますが以上です。


参考までにこんな世界もあるよ、という過去記事をどうぞ↓

落ちこぼれを教えてた日々:前編
https://note.mu/168526/n/nc81e2b93a447

落ちこぼれを教えてた日々:後編
https://note.mu/168526/n/n8feb41881ae7

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお金は、こんな僕を育ててくれた母ちゃんに還元したいと思います。

ありがとうございます!引き続き頑張ります!
66

TK工房@TKTKfactory

中東担当→インド担当のサラリーマン。現地に行って見て触れて得た情報をコミカルに伝えていければと思ってます。インド素人ですが、これからどんどん発信していきます。ツイッター:https://mobile.twitter.com/TKTKfactory

TK工房の味のある話(更新中)

TK工房の頭の中にある、ちょっと味のある話をジャンル問わず収めたマガジンです
5つ のマガジンに含まれています

コメント12件

MA3さん:めちゃくちゃ遅くなり失礼しました!コメントありがとうございます!福沢諭吉は大阪出身なので、実際こんな感じで関西弁だったと思ってます!(笑)
つばめ食堂さん:あの神動画、ご覧になられましたか!めちゃくちゃ良いですよねー。あの卒業式に出れた学生達はホントに幸せです。
なぜ、一万円札の顔が、聖徳太子から、福沢諭吉に変わったのか?

そして、どういう訳か、そのタイミングで、日本は、
歴史的長期不況に突入することになったのか?

明治の福沢諭吉は、平成の竹中平蔵に変わっただけでは?
2050年の日本のお札の顔は、諭吉から平蔵に変わっているかも。

学ぶだけでは、意味がない。

その学んでいることが、そもそも事実なのか?
それとも、情報操作されたものなのか?

そうした視点がないと、この国も国民も生き延びることはできない。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。