保育士は誰でもなれる

ホリエモンこと堀江氏が「保育士は誰でもなれるから給料が低い」という趣旨の発言をしたことが炎上している

保育士や関係者からは、フザケんな!お前がやってみろ!バカにしてんのか!何の恨みがあって?

という類の非難が集まっているが

こういう神経を逆撫でられる発言に出会った時は、ひとまず落ち着いて、一体何を言ってるのかを冷静に考える必要がある

彼は、誰でも出来る仕事というのは、「一定以上の学力があれば誰でも取れる資格」であると主張している

地方国立大学に入るのに2浪した私でも、保育士の資格は取ろうと思えば取れるだろう

もちろん勉強嫌いなので時間がかかってしまう可能性は往々にしてあるが、、、

私は、どこにでもいるその辺のサラリーマンであり、別に特別なものは持ち合わせていないので、私が取れるなら一般的に誰でも取れる資格と言うことが出来るだろう

そして、資格さえ持っていれば、本人の意思次第で簡単に保育士になれる

上記理由から、保育士資格保持者はゴマンといるので、代わりはいくらでもいて、給料を上げなくても、誰かしら保育士になり現場は回るため、給料は上がらない


つまり、「保育士は誰でもなれるので、給料が低い」となる。

彼の背景にはこういうロジックがあり、至極真っ当である

では、怒ってる人は一体、何に怒っているのか?


「保育士は誰でもなれる」ということを、上記のロジックでは捉えていない


「保育士なんか誰でも出来る簡単な仕事内容で、楽勝だ。だから給料は安くて当然」


という風に捉えている。

マトモな感覚を持っている人ならわかると思うが、保育士の仕事は命を預かる仕事であり、かなり注意を要するし、体力も半端なく使う。
(1番辛いのは女職場の人間関係らしいが、、、)


それでいて、給料は低い。


こんな状況で保育士をしっかりと続けられるのは、強い精神力と使命感がある人なのだ


だから、「誰でも出来る」だなんて、舐めるなよ!やってみろ!となっている

ここまで読んで頂ければ、堀江氏はそんなこと全く言っていないのはお分かりだろう。

本人も「論点がズレてる」と指摘している

では、保育士が給料を上げるにはどうしたら良いか?

私が考えつくのは、全国で一斉にストライキを起こすということだ

保育のような、国民が全員享受すべき公共性の高い仕事は、市場の原理が働きにくい。

例えば、単純に資格試験を東大・京大入学試験レベルに引き上げれば、自ずと資格者が激減し、需要と供給のバランスから、保育士の給料は上がるだろうが、もちろん保育料も高騰するので、行かせたくても行かせられない世帯が溢れるだろう。

すると金持ちだけのサービスとなってしまう。

なので、ここは政府の出番だ。

しかし、政府は往々にしてこういう問題は緊急性がないため後回しにする。


「なんだかんだ回ってるし、まぁ、保育士さん、頑張ってー」

というのが政府の本音。

政府と仕事をした経験がある私が言うから、ほぼ間違いない。

何もこれは政府が怠慢だと言ってるのでははなく、他にも色んな分野で山ほど緊急性の高い案件があるので、そちらに予算を回さざるを得ないのだ。

こんな状況で、政府に動いてもらうには、緊急性を出さないといけない。

待機児童が社会問題になってる今、全国の保育所が一斉に機能不全に陥れば、社会は混乱するだろう。

日本経済にも貢献度の高い共働き世帯は大ダメージを被り、日本経済にもすぐさまダメージが出る

直ちに待遇を上げなければ、日本全体にとっての大ダメージになる。

国は保育士給料の差額補填分の予算を組まざるを得なくなるだろう

これは、あくまで私が考えるラフな一案であり、他にももっと良い案はあるだろう。

しかし、こうした解決方法を考えるキッカケになったのは、間違いなく堀江氏の一言である

つまり、堀江氏は、保育士をディスっているどころか、真面目にヒントを与えてくれているのだ。

あぁ、なるほどそういうことなのか、と思った保育士や、関係者は感謝した方がいい

そんな正論振りかざされたところで、私らには為すすべなんてない!と思うか、よっしゃ、一丁やってみるか、と思うかはあなた次第。

何処の馬の骨ともわからない私が今、あなたにこの文章を届けているのも、一つのあり得ないことじゃないですか?

追記:2017/10/19
これ賢い兄貴から指摘されたんだけど、保育士資格の難易度なんて関係なくて、単純に市場の原理が働かないから、給料が低いってだけだった。
自分でも記事の後半にそれ書いてるのに、前半との矛盾に気付けないなんてまだまだでしたね。

ちなみに、公立の幼稚園教諭や保育士の給料は実は決して安くない。安いのは私立。

つまり国が私立保育所への補助金上げないとダメなんですよね。
次の選挙に反映できたら良いんですけどね。

再追記:2017/10/19
すみません、生半可な記憶で「市場の原理」という言葉を使ったもんで、完全に間違ってました。
僕が本当に言いたかったのは下記。

社会に必要なサービスにも関わらず、市場の原理に任せていると価格が折り合わずにサービス自体がなくなってしまうものは、政府の介入が必要、ということでした。

ポイントは本当に保育が社会に必要なサービスなのかどうかということですね。僕は必要だと思うんですけど。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお金は、こんな僕を育ててくれた母ちゃんに還元したいと思います。

引き続き、何かしら発信します!
31

TK工房の味のある話(更新中)

TK工房の頭の中にある、ちょっと味のある話をジャンル問わず収めたマガジンです
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。