見出し画像

Dr TEDROS says, Health is a political choice!                                              Dr  Tedros Ghebreyesus:                  健康は政治的な選択です



今日の課題は、非感染性疾患、最高レベルでの政治的コミットメントを必要とする開発にあります。世界保健機関は1948年に設立されました。それはシンプルだが大胆なビジョンでした。

重要なことに、 WHO憲章の執筆者は、健康は国家が目指すべき理想だけでなく、「人種、宗教、政治的信念、経済的または社会的条件の区別のないすべての人間の基本的人権」を確認した。

WHO、その加盟国、およびパートナーは、70年以上にわたってその目標に向かって取り組んできました。 誇りに思うべき多くの成果があります:

世界の平均寿命は25年増加しました。 母子の死亡率(出産)は急激に低下しています。 天然痘は根絶され、ポリオは根絶間際です。 私たちはHIV / AIDS流行の潮目を変えました。 マラリアによる死亡は劇的に減少しました。 そして新しいワクチンは、一度恐れられた病気を容易に予防可能にしました。

これらの成果の多くは、特にミレニアム開発目標の時代間に、世界の主要な死因と疾病のいくつかに対する協調的な努力のおかげです。

しかし、人口統計学、経済学、政治学の変化するパターンは、健康の変化パターンをもたらします。 世界の主要な死因として、伝染病は今や非伝染病に取って代わりました。 抗耐性菌は、100年分の医療進歩を後退させる恐れがあります。 気候変動と汚染は新たな健康上の脅威を引き起こしています。

これらのデベロップメントは、「最高達成可能な健康基準」を一度に1つの疾患で達成することはできないという認識をもたらした。 疾患に特化したプログラムは常に必要となりますが、それらは個人、家族、地域社会のためのあらゆる範囲の健康ニーズに取り組む統合された人々中心の健康システムの基礎の上に構築されなければなりません。

誰であろうと、どこに住んでいようと関係なく、すべての人々は、経済的貧困に苦しむことなく、質の高い不可欠な保健サービスにアクセスできなければなりません。

これら3つのアイデア、つまり医療サービスへのアクセスは、経済的に保護されており、すべての人にとって同様に、普遍的(ユニバース)な健康保険の本質です。

これらの対策のそれぞれによって、やるべきことがたくさんあります。

世界の人口の半数以上が、予防接種、保健医療従事者の診察、HIV治療へのアクセスなど、不可欠な医療サービスへのアクセスを欠いています。

サービスが利用可能であっても、それらを使用することは経済的エマージェンシーを引き起こす可能性があります。 毎年、1億人近くの人々が自分たちのポケットマネーからケア代を支払う費用によって極度な貧困に追い込まれています。

普遍的な健康保険は、すべての国が考えられるすべての健康サービス、健康製品への無料アクセスを提供しなければならないという意味ではありません。 すべての国は、彼らが持っている資源に基づいて、何をカバーするかについて厳しい決断をしなければなりません。

ほとんどの医療費は国内から調達する必要があります。 スマートな政府は、たばこ、砂糖で味付けられた飲料などのその他の不健康な製品に対する課税の増加など、その方法にますます慣れています。 たばことアルコールの値上げと酒:タバコ税の引き上げは、消費を減らし、命を救い、国が健康に再投資できる追加の収入を生み出します。

すべての国で、普遍的な健康保険の基盤は強力なプライマリーケアであり、健康の促進と病気の予防に重点が置かれています。 アスタナ宣言では、すべての国がプライマリヘルスケアへの投資を約束しています。

普遍的な健康保険は、健康的な人口に対する最良の投資だけではありません。 それはまた健康の安全保障への最もよい投資です。 強力な医療システムは、発生を予防、検出、および軽減する能力が向上しています。

普遍的な健康保険の利点は、健康をはるかに超えています。 ユニバーサルヘルスカバレッジは、原因の1つを取り除くことで貧困を減らし、医療従事者の雇用を創出し、生産性を向上させ、健康な人々が生産的な人々であるために包括的な経済成長を促進します。 その意味で、普遍的な健康保険は持続可能な開発の原動力です。

私は、私自身の政府の経験から、そしてWHOの事務局長としての普遍的な健康保険に向けて、本当の進歩を遂げる鍵は、その約束を法律にインストールする議会の支援を伴う最高レベルの政治的約束であることを知っています。商業的、経済的、環境的、社会的な健康の決定要因に対処する政府のアプローチ全体です。

今年の国連総会で、世界の指導者たちは、「より健康な世界を築くために一緒に動く」というテーマで、世界共通の健康保険に関する第1回ハイレベル会合に出席する予定です。

これは何十億もの人々の生活を変えることができる政治的リーダーシップを触媒する重要な機会です。

多くのG20とG7の国々は、何十年もの経験から世界的な健康保険の標準的な担い手ですが、他の国々はそれに向かって大胆な進歩を遂げている新しい波の先駆けとなっています。 一緒になって、これらの国々は他の人たちが従うために強いリーダーシップを発揮し、健康をすべての国が政治的選択できることを実証するために独自に位置づけられています。

John KirtonとIlona Kickbuschによって編集された、           Health:Political Choiceという正式なグローバルガバナンスプロジェクトの出版物で最初に公開されました。 あなたのコピーをここに読んでください。


www.bit.ly/2019UHC


Dr Tedros information

Tedros Adhanom Ghebreyesus は、世界保健機関の事務局長であり、2017年に選出され、WHOアフリカ地域からWHOの最高技術および管理責任者として就任した最初の人物です。 Tedros博士は、2012年から2016年までエチオピアの外務大臣、2005年から2012年までは保健大臣を務めました。そして、妊産婦、新生児および児童保健委員会のためのパートナーシップの共同議長を務めた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

TORU TANIKAWA

I'm NGO is fighting HIV/AIDS Stigma about Worldwide STEREO-type! Because of the HIV issue NOT only one thinking! Color of Different!

HIV/AIDS

HIVに関する活動の報告書を載せています。各パート医師、保健師、看護師、薬剤師、患者などの意見を総合的観点から集約しています。色んな方のインスピレーションになれたら嬉しいです。 スキ頂けると本当に嬉しいです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。