加藤明拓(あきひろ)

メッシ超え、バルサ超えを目指してます。 今は株式会社フォワードの代表、カンボジアとナイジェリアのサッカークラブのオーナーをしています。

来日ナイジェリアU12を支える神々

ナイジェリアU12、皆さんの協力もあって、日本滞在スケジュールが確定しました!
なんと、心優しい神々のおかげで国内の移動・宿泊はほぼ全てサプライしてもらいました。ありがとう。

最初にこんな感じで呼びかけました。

このノートを書いて公開したら、元ベルマーレ平塚で現在MASAKI SPORTS ACADEMYを経営している平川さんから「noteみました。バス、サプライしますよ」メッセージが届きまし

もっとみる

機会格差を減らす挑戦inナイジェリア

8月末から行われるワールドサッカーチャレンジに出場する、
U12(Under12=12歳以下)ナイジェリア。着々と準備が進んでいます。
ただ、いろんな意味で本当に来日できるのか、ドキドキしています笑

GWに行ったトライアル。これは難しさを感じました。
ナイジェリアでは危険地域もあり、また、協会組織の登録インフラもないので(紙管理)、チームや選手を集めるのも難しく、
今回はラゴス近郊からのセレクシ

もっとみる

20年前の忘れ物〜スポーツは素晴らしい〜

20年前の夏、僕たちは岩手の雫石にいた。
僕たち八千代高校はサッカー部は千葉県代表としてインターハイの決勝戦まで駒を進めていた。

相手は広島代表の広島皆実高校。
どちらが勝っても初優勝。

決勝前夜、今泉先生は言った。
「20年前に忘れ物をした。ずっと取りに行けないんだ。明日、俺の忘れ物を取ってきて欲しい。」

そう、20年前、今泉先生自身も八千代高校で全国大会に出場。決勝で敗れて全国制覇をする

もっとみる

カンボジアのサッカークラブがキャズムを超えた3つのポイント

こんにちは。加藤です。

経営しているカンボジアのアンコールタイガーFCのホームゲームが終わり、
もう一つのクラブを経営しているナイジェリアに来年日本に連れてくるナイジェリア選抜U12のセレクションに向けて、移動中です(今、ドバイ)

先日のアンコールタイガーFCのホームゲームで自ら持つ、
カンボジアリーグ観客数レコードを塗り替えて4377人の観戦者が来場しました。
Jリーグと比較すると大したこと

もっとみる

俺の親父は55歳で死んだ。〜世界対がんデー〜

家でアサヒスーパードライを飲みながら書いてます。
2月4日は世界対がんデーというらしい。

このツイートにある動画で知りました。
皆さん、ほんと、ぜひ、見てみてください。

今から20年前の高3の夏、インターハイで優勝した。

大会後、1週間のオフ明けの練習再開した日。
軽く流した練習では、全国優勝の余韻で自分も含めてみんなまだ浮かれていた。

練習帰りにインターハイの大会中にみんなが聞いていた1

もっとみる

「街で着れる」ユニホームにするために胸スポンサーを捨てました

カンボジア1部リーグのアンコールタイガーFCの加藤です。

先日、アクオレさんと企画制作した今季のユニホームを発表しました。
コンセプトは「街で着れる」。

スポーツビジネス視点を持っている方が、すぐ目につくポイントとしては、胸スポンサー枠を捨てたの??です。

はい、捨てました。

ここに至った背景としては、
①タイガーブランドを活用したビジネスを展開を見据えて
カンボジアではサッカービジネスだ

もっとみる