見出し画像

「コンビニ人間」になる私

私がコンビニ🏪でバイトをし始めて1年が経つ。
どんなに長く働いていても人間だからミスは犯す。

機械音鳴り響く店内で、タバコの番号を聞き間違えて怒鳴られたりなんてしょっちゅうだ。

返金処理が上手く出来ず、ヒステリーでも起こしているような表情でおばさんに怒られる。

客 あなたバカじゃないの?と。

私 一応、大学行ってるんですけどね。

客 信じられない。

私 あぁ、すみません。

冷静に考えれば対処できるのに、強い口調のおばさんが50センチの距離にいるだけで、勢いに負けて、顔がひきつった。
しばらくお客さんと目を合わせるのが怖くなった。

世の中には色んな人が、いるんだなと。

急いでいる客、時間に余裕のある客
全ての客にスピーディーに対応するために、バイト中は機械になる。

無駄な動作は除き、レシートは求められたら渡す。

私はコンビニ人間になっている。

ディズニーキャストのように口角を上げるサービス精神はコンビニ人間には求められない。
その点、非常に楽だ。

機械のように合理的、効率的に動く。

コンビニのバイトは、接客業でありながら、
案外、人に対してドライな人が向いていたりもする。

そして、コンビニで全ての客に満足いく接客は難しい。

全ての客に満足いく接客をしていれば、従業員の心と体がもたないだろう。接客だけに力を注ぐわけにはいかない。

接客以外にもマシン清掃、前出し、クローク品出し、床清掃、廃棄処理、フード管理、ゴミ捨て、タバコ補充、色々やることがある。

良いイメージが少ないコンビニバイトだが、こんな神経質な私でも続けられているので、仲間に感謝したい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

幸せ。ありがとう。
5

依美

法政大学3年生 人と環境。 山手線中国語アナウンスが大好きです。 #中国語#法律#自然環境#就活
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。