名称未設定-1

ビビリ女が海外旅行の時に気をつけてること

ここ数日の話ですが、海外一人旅の危険性についてツイッターあたりが少し炎上してました。私も一人旅が好きなので、楽しさは十分わかります。でも一人って基本的に危ないんですよね。私は絶対に旅で死にたくないので、今までかなり警戒して海外旅行をしてきました。記事に書ききれないこともまだありますが、とりあえず10個!初心者の方向けにまとめてます。

記事で使用した写真は写真ACさんからお借りしてます。

1、治安を調べてから行き先を決める

まず国選びの時に外務省の治安情報を必ず見ます。数年前まで安全だった国でも、内紛やテロなどで急に警戒レベルが上がることがあるからです。治安が悪ければ行きません。もしその国で生まれ育ったとか現地の友人とずっと行動するとかなら話は別ですが、旅慣れてなければ危険レベル0、慣れてても一人なら危険レベル1くらいまでにしておくべきだと思います。それ以上危険な場所、僻地に行く場合は信頼できる会社から現地のコーディネーターを紹介してもらうと安全です。

国際情勢などのニュースもチェックします。少し前までISISがかなりテロを行ってたので、その全盛期にイタリアへ行ったときはISISが狙いそうなヴァチカンやカトリックの大きい教会は避けて観光してました。

あとアメリカなんかは上のマップで危険レベル0ですが、場所によってはものすごく危険です。現地住民でも絶対に歩かない地域があったり、昼間は大丈夫でも夜は絶対に出歩いてはいけない場所も多いです。例えばワシントンDC中心のビジネス街。昼間は観光客で賑わう場所なんですが、住宅地ではないので夜は人が全くおらず、麻薬の密売人が取引をしているらしいんです。

こんな感じで、どの国のどの地域に行っても気は抜けません。詳細な危険地域は検索すると出て来ることがあります。現地在住の日本人のブログを読むか、現地語か英語で調べるのが見つけやすいと思いますが、もし情報がなければ宿泊先のホテルに聞くのが一番確実です。

2、移動手段、宿は事前に手配

最近はスマホがあるし、宿なんて当日予約できるし、気の赴くままに旅したいバックパッカーの人もいると思います。都市部で閑散期なら宿も余裕がありますが、田舎や観光シーズンで当日とれない時はその辺で寝るか起きてるか現地で出会った人に頼んで泊まらせてもらうわけですが、すごくリスキーですよね。これは宿だけじゃなくてバスや電車

海外は24時間営業の店が少ないので、日本みたいにマックで始発までいるとかは現実的ではありません。雨風がしのげるような場所でも、寝てたら確実に荷物を持って行かれます。これはまだ良い方で、最悪連れ去られて殺されたりします。

運よく誰かの家に泊まることができたとしても、その人がいい人とは限りません。旅行者に親切で理解があるように話を合わせ、食べ物に薬を盛って眠らせ、これまたものを盗んだり殺したり監禁したりレイプしたりします。いい人と喋ると楽しいですが、悪い人も警戒を解かせるために楽しい話をするのが得意です。

人との出会いやふれあいを楽しみたい人は、民泊系のアプリで宿泊先を探すのがおすすめです。一緒に夕食を食べたり観光してくれる人も中にはいるみたいです。レビュー数が多くて信頼できそうな人を選んでみてください。

3、飛行機の到着時間は深夜をさける

貧乏旅行をしてる私は乗り継ぎ便や早朝深夜便をよく利用します。出発は日本なので極端な時間でもあんまり危険じゃないですが、現地到着時間が深夜の便は避けたほうがいいです。ホテルまでの足がなかったり治安が悪くて外を歩けないなど色々問題がでてくるので。

空港で夜が明けるのを待つ手もあるんですが、24時間営業ではない空港だと追い出されます。さらに深夜のタクシーは昼よりも足元をみるドライバーばかりなので、利用しないほうがいいです。

4、予防接種が必要か確認する

海外でもインフルエンザなどが大流行していることがあるので、ニュースでチェックして必要なら予防接種を受ける、日程をずらすなど柔軟に対応します。海外は日本みたいにマスクをしている人がかなり少ないので、マスクして防げばいいやと思っていると現地で不審者扱いされるかもしれません…。

さらに狂犬病や破傷風といった、自分の行動や渡航先の衛生環境によって必要な予防接種があります。狂犬病は犬だけではなくキツネやコウモリも持ってるので、途上国に行く人は必須です。

5、現地の水に気をつける

日本の水は完璧に浄水されてるので、日本人は微量の菌でもお腹を壊しやすいらしいです。先進国であっても水道水はむやみに飲むな、レストランで出される水もミネラルウォーターかどうか確認しろ、と先人たちがよく言ってました。私も基本はミネラルウォーター飲んでます。

ただ私はイギリス留学でたまに水道水そのまま飲んでました笑。ホストマザーに聞いてみて問題なさそうだったこと、数日テストして体調を崩さなかったこと、幼い頃から井戸水や飲料用の川の水をゴクゴク飲んでいる経験などがあったので。あくまでも私の体質で平気なだけなので、個人差あると思います。

チュニジアでは煮沸した水道水も飲んでました。一緒に行った友人たちは誰もお腹を壊してなかったので、十分に煮沸すれば大丈夫な国は結構あるみたいです。

キッチンなどが借りられない旅なら、このような携帯型浄水器を一つ持っておくと安心です。下の浄水器は生き物が棲んでいる川の水や雨水なども飲料水にできるので、途上国でも役に立つと思います。

6、日本から薬を持っていく

予想外のことで腹痛になったり謎の菌に感染したり、食あたりを起こしたりというのは海外旅行あるあるです。私は解熱鎮痛剤、胃痛薬は必ず用意し、長旅の時は総合風邪薬、途上国っぽいとこへ行く時は整腸剤も持って行きます。整腸剤は普段から飲むことで変なもの食べた時に重症化を和らげるとかなんとか聞いたので、おまじない程度に。

現地の薬局で薬は買えるんですが、海外のものは日本より効き目が強いので副作用が強めに出たりとトラブルもあります。薬の注意事項を全部読むのはえらい大変だし、自分が普段飲んでいる薬との飲み合わせも確認できないので、できるだけ日本から持っていくのをおすすめします。

7、好意的に話しかけてくる人は警戒する

一人旅をしてると結構話しかけられます。観光地で「写真撮ってあげるよ、荷物持ってあげるよ」などは大概金銭目的です。

写真撮ってあげるよ、は最悪スマホやカメラを持って走り去ります。盗まれなくても撮影料よこせよ、と凄まれます。荷物持ってあげるよも同様で、空港で親切に荷物を持ってもらったと思ったらチップを要求された、という経験は多くの人がしてるみたいです。あと客寄せで小動物を抱いている人も多く、写真を撮るとこれまた撮影料を要求されたりします。

私の場合は、チュニジアの遺跡で話しかけてきたおじさんがいました。髪や髭や歯が手入れされておらず見るからに怪しく、遺跡を案内してくれるというような話をしてたのですが、後でお金をせびられるなと思い、「私お金持ってないよ、払わないよ」と言うとサッといなくなりました…。

あと会話で気をそらしてスリをするグループも多いです。好意的な人と出会っても気を許しすぎず、自分の荷物はしっかりホールドして会話を楽しむのが良いかもしれません。

8、体の線を出さない、露出しない

私は旅行中は安い服しか着ないし、露出もしません。だいたいジーンズ、パーカー、スニーカー、リュックです。全く高価なものを持ってなさそうだからか、スリにあいそうになったことも幸いありません。ラフすぎて現地民と勘違いしたのか、道を聞かれることは何度かありました。

旅行で安全なのは現地民に扮すること、とよく言われてます。高くておしゃれな服で旅行するとすぐ観光客とわかり、犯罪者に狙われやすいんです。宗教的な理由で女性がほとんど露出しない国では、特に露出とボディラインに気をつけないといけません

9、公共交通機関を利用する

知り合ったばかりの人の車には乗らないし、タクシーも利用しません。ほとんどバスや電車など、不特定多数の人がたくさんいる手段を使います。理由は公共交通機関はぼったくられないこと、誰かと2人きりになるリスクが少ないからです。

車は運転手が行き先を好きに変更できるし、辺鄙な場所に連れて行かれることだってあります。運転手が悪い人でないとしても、些細なことが気にくわないと言って砂漠みたいな場所で降ろされるかもしれません。タクシーの運転手だって乗客をレイプ殺人することがあります。もしタクシーしか足がない場合は、ホテルやお店などに頼んで流しではないタクシーを呼んでもらってください。

10、多額の現金は持ち歩かない

お財布に札束全部入れといた!なんてことをしたら、お会計の時に財布を見た人があとで盗みに来るかもしれません。私は現地通貨は必要最低限のみ両替し、できるだけクレジットカードを利用してます。クレジットカードは盗まれても電話一本で利用を止めることができますし、怪しい使い方をされていればカード会社が心配して連絡してくれることもありますし、さらに保証がききます。ちなみにカード裏面のサインは日本語がおすすめです。日本語の方がサインの偽装がしにくいので。

現金が切れてしまった時は、ATMでキャッシングしてその場で現地通貨をゲットできます。手数料は日本で両替するのと大して変わらないし、先進国ならホテルや大きなマーケットなどにだいたいATMがあります。

クレジットカードは海外旅行保険がついてるものがおすすめです。下は私がメインで使ってる年会費無料のカード。JCBは海外だとあまり使えないので、世界シェア1位のVISAは必須です。加えてマスターカードやアメックスなど保険で持っとくといいと思います。

最後に

海外1人旅は楽しいし、無事に帰ってこられたら何かをやり遂げられたような気がしてきます。私も度胸がついたりコミュニケーション能力が上がったりしたので、海外旅行すげ〜!と思っています。人にも勧めたくて留学漫画を書いたりしてます。

でも能力も経験も足りてない人が、目立つためにいきなり無茶なことをしたり、写真映えのために危ない場所に行ったりするのは、正直やめた方がいいです。経験がないとトラブルの予想ができません。予想外のトラブルが起こった時に人は「正常性バイアス」が発動し、根拠もないのに自分は大丈夫と思い込んでしまいます。その結果どんどん対処が遅れて、大きな被害が出てしまいます。

せっかく楽しい海外旅行でトラブルにあわないように、トラブルがあってもうまいこと対処できるように、この記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご支援ありがとうございます!おかげさまで漫画を書く時間が増やせます

ありがとうございます〜!
97

すこ

漫画かいてます。趣味は旅行と散歩と博物館。面白いなと思ったら、SNSなどでおすすめしていただけると嬉しいです ◆通販 http://suko.booth.pm

旅行について

2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。