桂一朗

おちんちん。

7月15日 未来電車

最近の実写化シリーズの流れにあるからややこしいけど、次のライオンキングはほとんどCGなわけだろう。ただ、それを言ったら美女と野獣の野獣だってCGだし、アラジンのジーニーとか絨毯だってそうだ。あと猿も。とにかく、アニメとフルCGアニメ、実写映画の境目は、今や複雑なグラデーションになってる。

ぼおっと電車に乗ってたら、近くの乗客の話し声が聞こえてきた。ディズニーの実写映画シリーズの話で、アラジンから

もっとみる

7月11日 毎年恒例

年に一回、本多劇場での立川志の輔の「牡丹燈籠」を観るために下北沢駅に降り立って「ここどこ?」って思う恒例行事。目的はあくまでも落語の当日券だけど、図らずも下北沢駅前の再開発の定点観測になってる。

今までは、その時々の工事の都合で毎年のように変わる出口を探しては何とか外に出て本多劇場へ向かうって感じだったが、今回はついに工事が全部終了したっぽい駅から外へ出て、これはこれで「ここどこ?」って思った。

もっとみる

7月10日 マ

マ・ドンソクの新作は無条件で観に行かなきゃいけない。アイドルのウエストよりも太い腕でゾンビやチンピラどもを一発で沈める、それでいて何か若干かわいい気もする。めちゃくちゃ出来の悪いテディベアがボディビルとアームレスリングに没頭しながら青春を過ごして、なんだかんだで俳優になった、みたいな感じだ。何が「みたいな感じ」だ。なんの例えにもなってない。

とにかく、どんな映画なのかも知らずに「無双の鉄拳」を観

もっとみる

7月9日 どうした情報化社会

もう半年以上になるか、少なくとも二、三日に一回はYouTubeやGoogleで「김다미」って検索してる。キム・ダミっていう女優さんの名前だ。

「新しき世界」っていう韓国の名作ヤクザ映画の監督(パク・フンジョン)の新作が日本未公開映画の特集上映の一作として公開されたのが去年の十一月くらいだった。数少ない機会を逃すまいと観に行ったその「魔女」っていう映画の主演がキム・ダミだった。

「謎の施設から逃

もっとみる

7月5日 全部観た

マクドナルドでフライドポテト、スーパーで鶏の胸肉を買い込んで3時過ぎくらいに帰宅して、それから鶏を揚げて、シャワーを浴びて、準備万端でNetflixを立ち上げると、狙い通りストレンジャー・シングスのシーズン3が配信されてた。

で、一気に観終えて今に至る。途中15分の仮眠を挟んで大体7時間ちょっとくらい。エンドゲーム2回分以上だけど、ビールとチキンとポテトっていう、とてもバカっぽい食い物たちと共に

もっとみる

7月2日 凪待ち待ち

その容姿と、図体のデカさと、ビール好きで頻繁に太る感じからすると、なんか超やり手のキャリアウーマン(死語なのは百も承知)が家で飼ってる大喰らいのヒモみたいな役をやってくれたりしたら、とてもいいんじゃないか。孫悟空とか両さんとか、結局観てないけどハットリくんとかをこなす姿を見ながら、そんな夢想にふけることもあった。

それにかなり近い香取慎吾を、今このタイミングで、こんな形で観られたってだけでも、結

もっとみる