5月10日午前1時前

昨日の夜中にたまたまCM見てからずっと気になってんだけど、あれあるだろう、そろそろ気になるあれをなにする薬。で、あれが大嫌いな身としてはそのCM見んのも嫌なわけだ。当然、恐怖を煽ってくるし、なんならCGとかで作ったあれの姿見せてくるし。ただの出演者である林先生(「今でしょ!?」の人、っていう説明ももうなんか恥ずかしいな)の印象まで悪くなりそうだ。元々対していい印象でもないけど。

というわけで、画面からは目を背けてたんだけど、そのCMの最後に見逃せない情報がぶっこまれた。そのあれをなにする薬、なんとパッケージをはがせる仕様らしい。あれが嫌い過ぎてあれをなにする薬まで買おうって人間にとって、思いっきりあれを思い出させるあのパッケージは悩みのタネだった。もうそんなはっきりイラストとか描いてくんなくてもわかるのに。薬局なんかの売り場で相対する時の、日頃の生活の何気ない瞬間にふと部屋の片隅に置かれたスプレー缶に目が行った時の、あのパッケージの不快さ。なんだろうか、あの独特のフォントとかデザインの気持ち悪さは。イラストがなくても気持ち悪い。

それがはがせる。まっさらなスプレー缶にできる。なおかつ、吹き付けた瞬間にあれを冷却して動きを止めつつ仕留められる。これ買いなんでは。

今、一番気になってる商品だ。ただ問題は、あんまりずっと気にしてると商品に関連した夢を見たりしそうで嫌だということと、商品名を検索して確認するのもちょっと気持ち悪いってことだ。一旦忘れて、売り場で偶然再開する、そんな感じが理想的だと思う。代わりに、同じく昨日CMで見た、水で割るだけで2リットルの麦茶ができる、グリーンダカラのやさしい麦茶の濃縮タイプのことでも考えていよう。あれもなるほどありそうでなかったって感じだ。まあ、個人的には粛々とティーバッグで麦茶作るだろうけどな、値段的にも。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

桂一朗

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。