モノロギア

31
ノート

小説『モノロギア』目次

最終話「エピローグ」2017年11月6日更新
毎週月曜日に連載していました。
読んでくださった方、誠にありがとうございました。

◆プロローグ 蹄(ひづめ) 

【第一章】
◆第1話 告白
◆第2話 墓所
◆第3話 始まりの村
◆第4話 2人目
◆第5話 道づれ

【第二章】
◆第6話 鉄の国
◆第7話 トリニティ学区
◆第8話 レティシア
◆第9話 3人目
◆第9.5話 Dreamed a dr

もっとみる

エピローグ

プロローグから読む
前話 目次

 樹の上、という意味なのだと教えられた。
「名前がないなら、あげるよ。ずっと考えてたんだ。クルムホルムはどう?」
 そう言って彼女が指さした先に、しかし樹はなかった。
 無理もない。この標高では。
 彼女が私に分け与えようとしている「樹の上」とは、森林限界線の向こう、つまり空のことだった。
 風。雲の彼方。手を伸ばすべきもの。
 遠いもの。
 それは潜在的に、届か

もっとみる

第19話 土葬の国

プロローグから読む
前話 目次

 置いて行かれた。
 取り残された。
 喪失感だけが心を埋め尽くしていた。
 覚えているのは、瞼の裏に焼きついているのは、燃え立つような小麦色の光だ。
 あの瞬間、世界の理が書き換えられた。
 そうとしか思えない光だった。
 神々しい、という言葉を思い浮かべて、そんな非科学的な単語しか連想できない自分が、何よりも変わってしまったのではないかと茫漠とした不安に駆られ

もっとみる

第18.5話 Dreamed a dream(10)

プロローグから読む
前話 目次

 汽車のステップに足をかけたところで、あれ、と立ち止まった。
 慌てて後ろを振り返った。自分の左手が、物欲しそうに宙に伸びているのをまじまじと眺めた。……変な格好。何しようとしてたんだっけ。
 誰を、連れて帰ろうとしてたんだっけ。
「……?」
 違う違う、そうじゃないっしょ。おかしいな。誰かを連れてくる予定なんて、今日はなかったじゃないか。
 でも、なんだろう。

もっとみる

第18話 嘘

プロローグから読む
前話 目次

 60、と明るく声が響いた。
 どこか遠くの世界で起こっている出来事のようだった。けたたましい警報音に、フロアを舐めつくす火の海。そしてこの、あまりにも和やかな機械音。59、と読み上げられる。58、57、56……と続いていく。
 僕は呆然と白い壁を見つめていた。
 思えばとっくに壊れかけていた。両目は塞がれて血の涙を垂れていた。顎の肉も削がれて白い骨が露出していた

もっとみる

17.5話 Dreamed a dream(9)

プロローグから読む
前話 目次

 太陽の下で、洗濯物を取り込んでいるライラの姿が浮かんだ。
 風にはためく大きなシーツを、小さな体でえいやっと下ろして、器用にぱたりぱたりと畳んでいく。あのシーツの中に、何か大切な言葉をそっと吹き込んでいたんじゃないだろうか。面と向かっては言えない思いを、ぱたり、ぱたりと畳んで閉じて。夜になって広げて使う誰かが、眠るとき、夢にでも見てくれたらいいと。そんな風に。

もっとみる

第17話 7人目

プロローグから読む
前話 目次

 誰にも言えなかったことがある。
 伝えないことを選んだのは自分で、その選択を、ずっと悔いてきたことがある。
 今なら言えるような気がした。同じくらい、ああ、もう何も伝えなくてもいいかと、充足とも、諦めともつかない解放感に浸って目を閉じた。
 熱い。とめどなく額を汗が流れ落ちていく。拭おうかとも思ったけれど、ふと死ぬ人間が汗を拭ってどうするのだと気づき、とたん手を

もっとみる

16.5話 Dreamed a dream(8)

プロローグから読む
前話 目次

 置いて行かれた。
 2人の足音が遠のいていく。
 でも今は、追いかけるよりも、振り返ることのできない自分の首について考えるのが精一杯だった。だらりと垂れた右肩から下、まるで腱でも切られたみたいに力が入らない。指先もぴくりともしない。どうなってるんだろう。
 何をされたんだろう。
 目を閉じて、深呼吸した。

 ――ひどいこといっぱい言われたなぁ。

 違う違う、

もっとみる

第16話 6人目

プロローグから読む
前話 目次

「ゾフの元へ行くのだろう」
 部屋を出ると、思わぬ人物と鉢合わせた。いかにもこの男らしい、全て盗み聞いていたわけか。僕はひとつ頷き、ガサイの隣に並んだ。
「いつから風の国に?」
 世間話でもするように尋ねると、僕より頭一つは小さい屈強の壮年は、さもおかしそうに口元をほころばせた。
「私の近況が気になるか」
 ああ、と心の中で納得した。どうして今まで気づかなかったの

もっとみる

第15.5話 Dreamed a dream(7)

プロローグから読む
前話 目次

 なんで。
 この部屋にはファシオがいるんじゃなかったのか。
 どうにか風の国へと侵入し、ファシオの監禁場所まで辿りついた――そう思っていたのだが。代わりに待ち受けていたのは、口に布を押し込まれ、四肢を雁字搦めに縛られたレアだった。いつもは律儀に正している襟が淫らに開かれ、胸が露になってしまっている。大きく見開かれた瞳は泣き腫らした後なのか赤い。立ち尽くした俺と目

もっとみる