見出し画像

2019年9月11日(水)「テロとマインドコントロールの歴史」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
9.11同時多発テロ。21世紀はテロ組織が国家と相対する時代を迎えました。皮肉にもITやその他科学技術の進展は「個」を企業や国家から自立させる原動力となるとともに、国家による統治に不安定さをもたらすようにもなりました。

狂信的な盲信者によるテロ行為は、何も中東に限った話ではなく、日本においても過去に日本赤軍やオウム真理教といった組織によっても実行されてきました。

またテロ行為といわずとも、組織の論理に浸かり、「談合」「文書改竄」「検査不正」といったコンプライアンス違反や、悪質な労働基準法違反などが繰り返されるのでしょうか。また個人においてもドメスティックバイオレンス(DV)から逃れられないような事態が発生するのでしょうか。

人が組織の論理にコントロールされて視野狭窄に陥ってしまう理由を、歴史的事例などから考えていきます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【今回の勉強会は、特にこんな方にオススメ】
・グローバル企業で働いている方/海外で仕事がしたいと思っている方
・マネジメントに悩みを抱えている方
・意思決定に悩みを抱えている方
・なぜ人は他者の意見に依存する状態に陥ってしまうのかを

【今回の勉強会の内容】
テロの歴史、世界宗教の歴史、中東の歴史について
誤った組織の論理やマインドコントロールから自衛するために知っておくべきこと

【開催日時】
2019年9月11日(水)19:30~21:30

【場所】
東京都中央区日本橋人形町2-15-16高道ビル4階

【参加費】
¥3,000(税込み)/一人備考:領収書発行可能です。

【申込方法】
FBイベントページから申し込む
=================================


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

李東潤(りとんゆん)

1983年生まれ。青山学院高等部卒、慶應SFCでは学部優秀論文賞受賞。2006年住友商事に入社し、海外駐在を含めた実務経験を得て2017年独立。歴史を軸にしたコンテンツ作成を通して様々な「分かりにくい」を解消中。ベンチャー企業のバックオフィス業務や経営者のコーチングにも従事。

歴史を軸にした各種勉強会

勉強会一覧を掲載します。内容・スケジュールを前月の22日前後に掲載するようにします。 また、勉強会風景の掲載もありますので、参加を検討される際にご参考にしてください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。