【楪つむぎ】が好き

今回は、昨日私が担当したプレ・エリート昇格チェックに見事合格したエリアマネージャー楪つむぎのレポートです。

彼女の施術は1ヶ月以上ぶりに受けましたが、この短期間で圧の乗せ方が大幅に改善しておりました。
私の理想とする「深い圧と痛みのない手技の両立」がほぼ完璧に実現出来ていたと言っても差し支えないです。
この手技は心身の深いリラックス状態を引き出しお客様を安心させ根深く溜まったストレスを芯からほどいていく事が出来るので、本当に筋肉の状態を改善させたいと考えるなら習得は必須。
先入観なく、よく習得してくれました。おかげで私のお得意様を安心して紹介できます。

また、接客はもともと一流に近いものを持っていましたが、こちらも磨きがかかっていました。
正直に申し上げると、前回の接客は私の顔色を伺うシーンが何度かあったのです。
しかし今回はそれが一切なく、「この人は、ただ私の利益のためにベストを尽くすためにここに立っているんだな」という事が、わざわざ言葉を交わさずとも行動と態度と姿勢からストレートに伝わってきました。
人の顔色を伺うという行為は、一見相手を気遣っているように見えて実際は相手の利益より己の保身を優先する行為に他なりません。

この短期間のうちに彼女の中にどういった変化があったのかは窺い知れませんが、彼女の芯をはっきりと形成するような出来事があったのかもしれません。
誰が何と言おうが、私はただお客様の幸せのためだけにこの仕事に臨んでいる。
そういった、静かな凛々しさを感じる佇まいを備えていました。

楪つむぎは、信頼に足る人物である。

彼女を一言で表すなら、この一文で十分です。
「お客様を全力でおもてなしする」ただこれだけのために純粋な集中力を長期間維持するのは、自律自制自戒を行う類の精神力がよく鍛えられていないと不可能です。
そのために出来る事をなんでもやってきたし、人の話を謙虚によく聞きベストを尽くし続けてきたのだろう。
それらの期間が美しく結晶化したような貴重な時間を過ごさせていただきました。


昨日彼女とじっくり話をして感じた事は、彼女には美しい信念がいつのまにか備わっていたという事。
もともとその芽はあったんだと思います。しかし昨日はその花が開きかけているような印象を受けました。
もう彼女は良し悪しのジャッジが関係なくなってくる世界に片足を突っ込みかけている状態です。
そうなると、あとは自分の信念に従いながら純度を上げていくだけという仕事への没頭の仕方が出来るので、本当に楽しいですよ。
このまま、ノイズがいちいち耳に入らなくなるような高みを目指してほしいです。その持ち前の集中力の高さで。

彼女への技術指導を担当してくれた言原紗々と織部那月にも感謝。
このままプレ・エリートの価値をさらに高める上塗りを繰り返してください。

以上です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

noteでの売り上げは全てアキュートリリーの事業資金として運用いたします。

記事のテーマリクエストも大歓迎です!
12

白鳥紘子

白鳥紘子が好きな◯◯

自分が好きな◯◯を無作為に紹介しまくります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。