売りっぱなしで終わらない為に。

これまでnoteで紹介した新規プロジェクトは以下の通り。
どちらも現在進行形。

・パパバッグクリエイターズモデル

・川の字のススメプロジェクト

そしてまだ紹介できていないプロジェクトはこちら。

・家族と過ごす時間を増やすプロジェクト(お風呂編・キッチン編」(仮)

・ずっと使えるベビー布団(仮)

・横浜のものづくり「おんぶ紐」(仮)

特に家族の時間プロジェクトは結構話が進んでおり、8月8日のパパの日にサービス開始できるよう準備中です。
(・・・間に合わせたい)

横浜のものづくり「おんぶ紐」はまだ駆け出したところですが、これもとっても魅力的な企画になりそうです。

Share with family.
家族との時間を大切にする。
夫婦で、家族で共有する。

弊社が大切にする想いに賛同していただき、市内・県外等、様々な強みを持つ企業様と連携が進んでいます。
そして新規プロジェクトの芽がどんどん出てきています。
また、既存商品についてもパッケージや取扱説明書の見直しを進めており、物流もアウトソーシングできる先と新たな取り組みがスタートしています。
大変ありがたいことです。

下の画像はSDGsのコンソーシアムに参加した時のもの。

今の課題を解決するための商品、サービスを生み出すことはもちろん、将来の子どもたち、さらにその先の世代に何を残せるかというのも最近の大きなテーマです。

企業間や地域、団体等との連携で、1社では難しかったできなかったことが可能になり、共通の目標に向かってそれぞれの強みを生かせることは幸せであり、楽しくもありますね。
今回の新商品の開発や販路開拓についても、横浜市や市内の専門機関にもサポートをいただいています。
今日も書類の確認で横浜市経済局さんにお邪魔しました。
来週は来社と訪問と予定があり、神奈川県の支援機関にも相談に行きます。

商品を企画・開発し、販売をスタートすることはメーカーや小売店であれば通常の流れです。
しかし、商品がヒットしても、作りっぱなし・売りっぱなしではなく、販売した後にどれだけ自社商品が皆さんの生活に役立てるのか、より生活を豊かにするためにはどのような使い方があるのかなど、販売後のフォロー・事例の共有なども進めていく必要があると強く思います。

まだまだ弊社にはできることが限られています。
是非、連携できる企業様・団体様がいらっしゃいましたら、良いお知恵をお貸しください。
宜しくお願い致します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!嬉しいです!
8

半田 真哉

子育て応援ブランド「papakoso(パパコソ)」運営。大切にしている想いは「Share with~(~と共有する)」。 家族と共有、親子で共有。そして、家族から地域へ、笑顔が広がる社会を目指して公私混合中。 妻、長男、長女の4人家族。株式会社ワンスレッド代表取締役。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。