見出し画像

扉イラスト『二人の推理は夢見がち2』-メイキング

連載小説
『二人の推理は夢見がち2 未来を、11秒だけ』
著:青柳碧人 氏
刊:光文社
  電子ミステリー誌 『ジャーロNo.67』 収録
発売日:2019/3/22

第4回の挿絵を担当させていただきました。

2018年4月に単行本装画を担当させていただいた
『二人の推理は夢見がち』シーズン2 、 最終回 です。


語り部の「私」こと篠垣早紀と、
「遺留物の記憶」を夢に見る能力を持つ男・星川司

前回、失踪したキャロとロイを探していた二人はある建物に辿り着き、何者かに襲われました。
命からがら脱出した二人は、偶然見えた相手の顔がお互い既知の人物であることを確認します。
「──なんであの人が、ここにいるんだ?」
男は誰だったのか?
黙考していた司がうった次の手とは?
キャロとロイの失踪の理由や、その他見えてこなかった全貌が今回一気に姿を現す…

シーズン1を読んだ皆様にはおなじみの腹話術人形・マイクも活躍します!


ラフスケッチ

・メインは、腹話術人形を抱いてハンモックに寝そべる早希
・バックに、考え込む司
・その他、登場人物たち(さすがに全員は描けませんでした)

・右:バックが暗めでサスペンス感強め
 左:バックが明るめでしんみり叙情的に(どことなく走馬灯ぽい)

第3回まではおどろおどろしさを強めに出すかんじでしたが、最終話である第4回はふんわり明るめの右案が採用になりました。
全体がぼやっとしすぎないよう気をつけつつ。

ほぼほぼ隠れる背景の人物も、どれが誰かという設定は一応あります。
見る側には「いろんな人間模様があるんだな」というのがパッと伝わればいいかと。
読み終わってから見返して、「あー」と思っていただけると幸い。


ブラッシュアップ

ハンモックの資料を漁っていると、ロープの張り方がバッテンのもの(穴が□でなく◇)が多い気がしたので描き直しました。
ちょっとでもそれっぽく見えるように…実はこれが一番しんどかった。

司さんはイケメン…公式イケメン…だけどあんまりキリッとはさせすぎないように…と唱えながら。

シーズン1のラストの早希さんはキリッと挑むような顔つきでしたが、今回は気持ち穏やかなような、切ないようなかんじに。

シーズン1の最終回挿絵↓

人形を抱いて正面からまっすぐ見据えてくるのは同じですが、こちらのほうがサスペンス感が強いです。
「遺留物の記憶を夢に見る」一風変わったサイコメトリー能力が見所だったので、事件にまつわる「モノ」をちりばめて。

今回は「モノ」より「ヒト」に重きを置いた感じ。
ゆらゆら揺れるハンモックの上で、夢の中で、浮かぶように、沈むように、交錯する人間模様を俯瞰する…そんなかんじ。

完成

どうしてそんな穏やかな表情をしているのか…は本編で。

何事もなければシーズン1と同じく単行本装画も担当させていただけると思います…が
単行本が待ちきれない方はぜひジャーロ本誌をご購読くださいませ!
よろしくお願いいたします!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいた売り上げはイラストレーターとしての活動資金や、ちょっとおいしいごはんを食べたり映画を見たり、何かしら創作活動の糧とさせていただきます。いつも本当にありがとうございます!!

感謝感激雨霰!!!
6

宮崎ひかり

フリーランスのイラストレーター http://1zeroberry.tumblr.com/ ・ 書籍装画→ https://booklog.jp/users/1zeroberry ・ 得意ジャンル→メルヘン、ミステリー、ファンタジー、ホラーなど ・ イラストレーターズ通信会員

お仕事絵

ClientWorks / お仕事で描いた絵+メイキングなど。 書籍→ https://booklog.jp/users/1zeroberry
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。