見出し画像

偽ツインからツインにスイッチ

前回の続き

ツインのけなげさ

ツインと初めて会った2月22日の翌日は土曜日でした。私は、家の近くの公園を歩きながら、いつかここを恋人同士で歩くことはできるんだろうか?と絶望的な気分で歩いていました。偽ツインと会うのに、まずここの公園で待ち合わせたいと言ったのに既読スルーされたままの悲しみを抱えながらです。

その夜、ツインから1枚の写真が送られてきました。それは、私の暮らすエリアの観光スポットの写真でした。彼の家は隣町で近くはありましたがびっくり。「私もそのあたりを今日通ったよ」というと、「君に会えなかった」「残念!」「すでに恋しい」とLINEで言われました。

その次の日、「気晴らしがしたくなって連絡した」と言うと、「僕はいつもここに君のためにいるよ」と言われました。

そのけなげさと、やさしさと、それに応えられない申し訳なさに、メッセージを読んで泣いてしまったくらいです。

とりあえず、次に言語交換で会う日を決めようとしたら、「君が僕とまた会おうと思ってくれたことがうれしい」「会う場所はどこでもいい、君と会うことが重要なんだから」「一緒に決めよう」と言われ、ちょっと重く感じたのでした。

この続きをみるには

この続き:1,521文字

偽ツインからツインにスイッチ

真里那

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます♡
3

真里那

2019年2月22日にツインレイとはじめて顔を合わせました。何度も終わりを迎えては、蘇り・・・。現在ヨーロッパと日本で国際遠距離恋愛中の2人の進行形ルポ。参考になるよう、赤裸々に書いています。なので惚気も許してください!サイレントで辛い方、復縁希望の方に励みに感じて欲しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。