mososo

ツイッターで音楽のことばっか呟いている人。週1~2回更新するか、それ以上更新するか、もしくは更新しないかのどれかです。

Hey Ocean!の『the Hurt of Happiness』は良いアルバムだ

この前ふいと思ったことなんだけど、
例えばヒップホップは時代の流れとともに流行の形を変えて
どんどんと「新しい」という基準を作ってる一方で、

ロックはそういう傾向で見られることはなく、
寧ろ「良いロックだ」って言われるときは「昔のロック」加減をうまく表現して褒められてるのを最近、某有名ロックバンドの新譜が出た時に見かけて思った。

今活躍しているthe 1975だって「ロックの救世主」的なポジシ

もっとみる

Two Door Cinema Club 『False Alarm』の感想

前作から約3年ぶりのアルバム。

自分は1st, 2ndが好きだったが3rdはそこまでハマらなかった。
前のめりにノリノリになれるのがTDCCの良さだと思ってたので、
そういう自分の好きな所があまり感じられなかったのが理由。

今作は、先行シングルにおいて、
「Talk」、「Satellite」、「Dirty Air」など、
前作で作り上げたエレクトロ路線をブラッシュアップさせつつも
1stや2n

もっとみる

2019年上半期ベストトップ10

2019年ももうすぐ半分すぎて今年も良い音楽が沢山あってよかったですね。という半ば適当な導入を終えて早速トップ10を紹介したいと思います。

10位 Anderson .Paak 『Ventura』

今でこそスーパースターな彼であるが、いずれは職人のごとく良質な作品を量産する人になりそう。昨年のoxnardがどうもピンとこなかったけど、今作は派手さはないものの、全体を通して比較的リラックス効果の

もっとみる

Bastille 『Doom Days』を聴いた感想

ロンドン結成の有名ロックバンドの3rdアルバム。

3年ぶりの待望の新作が6月14日にリリースされたわけだけれども、
やはり予想通り、レーティングサイトでのリスナーの評価は乏しい笑

いやこういったサイトでポップロックというジャンルが悪い評価を得るというお決まりの流れは考えれば何となくわかるんだけれども、
そういった「悪い評価」が見えやすいところに表示されてしまうところが、こういった界隈のつまらな

もっとみる

the 1975のLove it if we made itに救われた話

最近物騒なニュースが多い。

高年齢者の交通事故、
幼稚園児が車に轢かれ、
川崎では殺傷事件が起こった。

これらが起こるたびに、色々と思いが芽生えてくるのだけれども、
それを文字に起こすのは最近億劫に感じてしまう。

それはなんでだろう。
「世の中がいかに残酷か」ということを表現した言葉で、
自分の異なる考えを持つ人々が沢山いるというのに、
わからせようという気は起きない。
きっと、自分の考えを

もっとみる

最近聴いた新譜の短評

Tyler, The Creator - IGOR

早くも年間ベスト候補として挙げられている作品。個人的には今のところ評価に困る作品。ヒップホップではあるもののラップしてる曲が少なかったり、情報に溢れていて簡単には良いか悪いか決められない。
けれども、この作品からは異様なオーラを感じるので、数年経っても語られる作品にはなると思う。

**Ryan Pollie - Ryan Pollie **

もっとみる