続けることが難しいことの、本当の理由

続けることは難しい。
いや、難しくない。
本当は。
でも、「よし。これを毎日やろう」と決意しても
大抵続かない。

なぜ続かないのか

大抵、決意することは、
自分をより良くするためのこと。
もっと良くなりたくて、
「これを毎日やろう」と決める。
決めた時は、
それを達成した後の
「より良くなっている自分」
を想像してる。

でも、始めてみると
そのゴールがとても遠いとわかってしまう。
あまりに遠くて、
今日やるべきことをやっても
全然まだ到達できないことに
絶望する。

そもそも、到達したくない

もしかしたら、
こちらの理由の方が大きいのかもしれない。
なりたい自分になるのは、こわい。

「モテたい」
と、思う人がダイエットを決意する。
頑張って痩せよう、とする。
けれど、心のどこかで思う。
「痩せたところでモテるのかな」と。

「モテないのは太っているから」
と思っているのは楽だ。
まだ、可能性があるから。
痩せても、まだモテないとしたら、
自分に他の問題があるということになる。
それを自覚するのは、嫌だ。
だったら、太っていることを理由にしている方が
よっぽど心が楽なのだ。

変化することがこわい

蓋をしておきたい。
気付いてしまう方がつらい。
だったら、気づかない今のままの方がいい。
変化することは、こわいんだ。

でも、そのことに気付くことが
本当の始まりかもしれない。
わたしはこわいんだな、と
少し上から見てみる。

じゃあどうしよう。
このままでいてもいいかな。
ちょっとつらそうだけど、変わってみようかな。
どっちを選んでも、
べつにいいと思う。

選ぶのは、自分。


#日記
#エッセイ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

ゆうこ

色んな考えとか、思いとかを語りたく。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。