“10RTインフルエンサー”が取り戻す、インターネットの原点

こんにちは、「次の70年に何をのこす?」をコンセプトにしたウェブメディア、70seedsの岡山です。

最近、インターネットをしていてこんなことを感じることはありませんか?


“拡散”ってダルいときない?


SNSをひらけば流れてくる「バズったらしい」記事。

なんとなく流し見しながら、RTやいいねを押す指先。

ただ、その中身を熟読することは少ない・・・


インターネットの海を無限に流れ続けるコンテンツ、“シェア”する理由がこんなことになっていないでしょうか。


好きでもないのにシェアしてる。


「みんながシェアしているから」

「フォロワー多い人が何か言ってるから」

「この人の投稿をシェアしておけばなんとなく間違いないから」


・・・あれ?でもシェアって、そういうことだっけ?

最初に「シェアしたい」と思ったとき、なぜそうしたんだっけ?


シェアって「共有」のことだったような。


自分の好きなもの、心が動かされたものを見つけたとき。

誰かに伝えたい、という出会いがあったとき。


そんな「好き」を分かち合うための行動だったはずの“共有”

それが、いつしか“拡散”という言葉にすり替わってしまっていたかもしれない。


“共有”には、主語があって人がいる。

でも、“拡散”には人がいない。

人だと思っていたものが、広げるための「ツール」になってしまってはいないでしょうか。


こうなってしまった一番の理由、それはこういうことなんじゃないか、と思っています。


「みんなが知ってる」至上主義。


知名度は高いほうがいい。

売上は大きいほうがいい。

「みんな」が求めるものがいい。


だから、「みんなが知ってるもの」に乗っからないと不安になってしまう。

そこに正義がある。


・・・本当にそうでしょうか?


「好き」な気持ちはひとりから生まれるものだった。


どんな「好き」も、本来誰かにつくられるものではなかったんじゃないか、と思うのです。

音楽、本、食べ物、映画、アニメ、将棋、F1・・・自分の「好き」は、自分の中から生まれてきたもの。


だからこそ、「好き」が強い人ほど、こんな気持ちを抱えていたことがあるんじゃないでしょうか。


自分だけの「好き」を人に話すのが怖い。


みんなの「好き」と自分の「好き」が違うんじゃないか。

言ったら引かれるんじゃないか。

空気を悪くするんじゃないか。


だからこそ、「好き」を共有できることって、とても貴重だったはず。


そんな可能性に満ちた場がインターネットだった。


リアルな場所や人間関係にとらわれず、「好き」でつながることができたのがインターネットであり、SNSだった。


誰かの目を気にしなくていい。

好きなものを好きと言える。

そして、「同じ気持ちで爆発しそうな仲間」と出会える。


そんなインターネットの「原点」に戻りたい。


だから、“拡散”よりも“共有”を。


何かを広げたい誰かが仕掛ける“拡散”。

だけど、インターネットを本当に必要としているのは、“共有”したい小さな「好き」。


好きなものを「好き」と言えたとき、幸せを感じたことはありませんか?

そして、誰かが発信した「好き」に背中を押されたことはないでしょうか?


だから、今インターネットに必要なのは、


想いのない10万RTより、「好き」の詰まった10RT。


誰かが流した「バズらせるため」のコンテンツではなく、自分自身が小さな「好き」を発信すること。


あなたの1ツイートが、同じ「好き」の10人に届いたとき、受け取った人たちはきっと孤独じゃなくなる。

それは、どんなインフルエンサーの広告ツイートよりも、確実に誰かと「共有」されるコンテンツになる。


それが、ひとりひとりが取り戻す「インターネットの原点」だと思うのです。


“拡散”ってダルいときない?


文・絵 岡山史興

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「小さな営み」をテーマに事業・取材・執筆を行う活動に充てさせていただきます。実験協力のような気持ちでご支援いただけたらとてもうれしく存じます。

ありがとうございます、Twitterでも発信しています!
180

岡山史興

恐竜は死ぬ~小さな”営み”の時代に~

3つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。