文句言う前に理解しよう!

先日の横浜戦でも議論された、土居のゴール取り消しの件。自戒の意も込めて、今回はオフサイドについてサポーターの方と共に再確認していきたいと思います。

JFAの競技規則を参考に http://www.jfa.jp/laws/index.html


「オフサイドポジションってどこ?」


まずは、ピッチのどこに立っていたらオフサイドポジションに該当するのかを確認しておきます。

①ハーフウェイラインを境に相手の陣地にいること。           ②相手選手のうち後方から2番目の選手よりもゴールに近い。(厳密に言うと、頭、胴体、足の一部が)

ほとんどのシチュエーションではGKが1番最後尾ですね。

要は、

「相手のサイドにいて」                      「相手DFよりもゴールに一番近い選手!」

ぐらいに覚えておいてください。


ちなみにオフサイドポジションにいること自体は反則にはなりません。

てことは、どんだけうろちょろしてもいいんですね…(笑)


「何をしたら反則になるの?」


大前提として、オフサイドポジションの選手が反則になるのかどうかを見極めるタイミングは

味方がボールに触れた瞬間!であることです。

キックモーションとかは関係ありません。忘れがちなので気を付けてくださいね。

あ、あとコーナーキックやスローインはオフサイドになりませんので注意を!

では早速、反則のパターンから。


「よく見るよねぇ~」

1番オーソドックスな反則例は、

味方がパスした(触れた)ボールにオフサイドポジションの選手がプレー(反応)する。

よく、相手のDFが一斉に手を上げるやつです(笑)

「ボールが転がってきたら?」

ポストや相手に当たって転がってきたボールに対して、利益(ボールに触れたり、相手を妨害)を得た時。これも反則です。

あくまでも、たまたまの場合に限ります。

意図的に触ろうとして、そのボールがオフサイドポジションの選手に渡ったらオフサイドになりません。

 「相手の邪魔しちゃお!」

次は、パスを受けるわけでもないけど反則になるパターン。

GKの目の前などで多いのですが、視線を遮るプレー

こちらも反則になります。

要は、相手チームからして

「オフサイドポジションにいるお前に惑わされなければ防げてたのにいぃ!!」

というプレーです。

ここ最近では、すごく見落とされがちな反則なのでご注意を。


最後に


サッカーのルールは、アップデートされ続けられています。実際に僕も完全に把握しきれていません。しかし、チームを応援する以上はルールを理解した上で観戦したいと思っています。現地で見てみると、反則でもないのに怒鳴り散らすサポーターも目にします。ルールが理解しきれてないせいで、本人と審判、周囲の人にストレスをあたえてしまいます。これを解消すべく、これからも投稿していこうと思います。












この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

パダワン

主に鹿島アントラーズについて。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。