「#26回結婚式」クラウドファンディングリターン ▼LINEで相談&なんでもトークのプロフィール

LINE相談プロフィール

・Misato
1997年茨城県生まれ。大学入学後に自分のセクシャリティに葛藤し、その後レズビアンと自覚しました。
レズビアンだと認めるまでは、自分のセクシャリティでずっと悶々としていました。でも自覚して、堂々とカミングアウトしたら、すこしだけ生きやすくなりました。両親にもカミングアウトしています。

自分はそうかもしれないと悩んでいる人、親戚や家族に相談されて、どうしていいか分からないという人。わたしとお話しませんか。

・Mayu
1996年横浜市生まれ。高校生の時に1度女の子を好きになるが、まわりに同じような人がいなかったため、その事実をなかったことにしました。Misatoと出会うまで男性と付き合ってきましたが、Misatoを好きになって自分のセクシャリティで悩みました。

バイセクシャルと思っていましたが、パンセクシャルというセクシャリティを知った時は衝撃をうけました。自分はこのセクシャリティだ!と納得し、自身をパンセクシャルだと自認しています。丁寧に丁寧に、お話しをききます。

下記のページには、それぞれのセクシャリティのことが書かれています。
ご相談される上で、参考になるかと思います。是非ご参照ください。

なんでもトークのプロフィール

・Misato
「人生ノリと勢い」をモットーに生きる21歳、りばみさです。
生きるの上手いね、と見られがちですが、中学校の時、人間関係に苦戦し、自傷行為を繰り返していました。学校をサボりがちになりましたが、不登校という選択肢はなく、無理矢理登校していました。この時期から、必要以上に人に気を遣うようになり、親にも自分から壁を作り、「できる自分」を演じていました。

高校は、受験に失敗したこともあり、私立のマンモス校に入学。中学生の人間関係から解放されたこともあり、高校生活は順風満帆。音楽大学を目指していましたが、挫折したこともあり、音楽からはなれてテニスを始めました。0からのスタート、人生で初めて努力したものです。

英語は中学生で挫折、全く授業にもついて行けなくなり、全く英語ができません。むしろ、英語を勉強することにトラウマがあります。だけど、海外が好き、英語が話せたらかっこいいという理由だけで、国際学部に決め、推薦でベラベラ話していたら、まぐれで合格。
カナダに2ヶ月語学留学、インドにボランティアで二度渡航、バックパッカー経験を経て、英語と自分なりに向き合いつつ、「かっこよく生きる」を追究して生きています。

この私の過去に関すること、それ以外のことでも、気軽にお話できたら嬉しいです!

・Mayu
キラキラの中学生活を送り、高校受験に成功しました。それとは一転、高校1年生の時に過敏性腸症候群をきっかけに、適応障害になりました。学校にいけなくなり不登校になりましたが、家族の勧めでニュージーランドへ1年半留学することに。

ニュージーランド人の大らかな人柄と、ホームステイ生活と、豊かな自然に癒され精神疾患は治癒。英語留学が目的ではなかったのですが、全く話せなかったレベルから帰国後にはTOEIC810点に。帰国子女入試で大学合格し、現在は大学3年生です。

留学をきっかけに海外にハマり、東南アジアでバックパック旅をしてきました。趣味はヨガで、発祥地であるインドにいき、国際的なヨガの資格RYT200を取得!ハーフマラソンに2度挑戦し、完走しています。アイディアを考えることが好きで、思いついたら即行動します。

精神疾患のこと、留学のこと、英語の勉強方法、バックパック旅、ヨガ、マラソン、わたしの性格、いろいろお話しましょう。高校生の時からレールを踏み外した人生を生きています。面白い話がきけるかも?

#プロフィール #26回結婚式

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。