アルコール規制はただの健康志向ではない事をわかってほしい件

#アルコール規制 #アルコール依存症 #依存症の予防


 2017年の記事です。やっと、やっと、厚労省がアルコール規制に踏み切ってくれました。タバコ規制は万歳賛成だったのが、アルコールになるとこんだけ反発がある。ってことは、アルコール依存症予備軍が多いってことなんですよ。
 呑めないことに危機感を覚えたら、アルコール依存症になりかけてますよ。嗜む程度に呑むことができないなら、アルコール依存症です。

 アルコールは肝臓を痛めつけ、二日酔いに悩まされるだけでなく、依存症に時間をかけて移行します。日本はアルコール規制がゆるゆるなので、アルコール依存症になってくださいと言わんばかりの環境です。

 日本ほどアルコールに寛容な国はありません。24時間どこでも手に入ります。
 アルコール度数の高い合成酒を作るのが盛んで、安く売られています。特にコンビニは、アルコール依存症予備軍の温床。100円くらいのパックに入ったアルコール、手軽に買えて呑めるからアルコール依存症の回復まで邪魔します。

 タバコは値段を倍々の勢いで値上げし、タスポ導入して買い方を複雑にしています。ですがアルコールは呑む場所は制限していますが(スーパーマーケットなどのイートインのコーナーはアルコール禁止です)、価格は下がる一方、売っているところは増えるばかりです。ドラッグストアにも、アルコール取り扱いする店舗がありますからね。

 さらに、見かけがソフトドリンクのようなアルコール飲料が増えました。アルコール度数は4%以下ですが、アルコールはアルコールです。パッケージは果物を強調して、ジュースのような商品名です。女性をターゲットにしているのでしょう、コマーシャルは女性タレントが起用されています。テロップには申し訳程度の「これはアルコール飲料です」という注意書き、しかも小さくすぐ消えます。

 昼間のアルコールのコマーシャルは流石に減りましたが、祝日休日前の夜あたりからアルコールのコマーシャルが流れます。流石に厚労省が帰省したのでしょうが、タバコのコマーシャルのように消え去ってはいません。

もし、あなたがアルコール依存症に興味があるなら、弊記事をご参照ください。

おひとりさまに忍び寄るアルコール依存症ー自分だけは大丈夫と思わないで。

 町で見かける発泡酒・焼酎・日本酒・ビール・ウィスキーのでっかい看板、あれがなくなれば本気で行政がアルコール規制を始めたと考えましょう。その看板はいつでも目立つところにありますから。

ブログしてます。のぞいてくださいませ。オンナオンフィフおひとりさま道 

          アルコールって薬物なんですよ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

おひとりさま高齢者生活の知恵を公開して、 行政・家族に依存しない生き方を公表します。

うれしいです!

やすじろう2.0の軟着陸生活

2017年9月からいろいろめんどくさいので、オンフィフで人生の軟着陸をしました。自称フリーランスです。仕事と遊びと何もしない時がごちゃ混ぜの日々を綴ります。ブログやってます。http://lavidatranquila.com/ 記事を読んでなんか感じた方、投げ銭お願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。