ニコチン依存と禁煙について、3項目の調査発表


#禁煙 #断煙 #ニコチン依存症
とあるルートから主婦のキモチブログ運営者・山本あすかさんより調査指令が届きました。

「ニコチン依存について調べろ。失敗すればお前のブログは全て消える」

このセリフにチビったワタクシは、質問事項を調べました。
調査指令は以下の3つ。

1.タバコをスムースに止める方法があるなら知りたい。
2.未破裂脳動脈瘤でこのまま吸い続けると死ぬ確率4倍とか言われたけど実際
 イマイチ危機感が伝わらないーてか死ぬの?
3.電子タバコはニコチン・タールが0。これ吸ったら禁煙になる??

 

それでは調査結果報告です。

1.タバコをスムースに止める方法があるなら知りたい。

 タバコをスムースにやめたいなら、禁煙外来を受診しましょう。
「タバコをスムースにやめられるか否か」、これはニコチン依存度によります。
ニコチン依存症テストをしてみましょう。

 ちなみにワタクシは8点という、高得点を叩き出しています。今は吸ってませんが、喫煙していた当時のことを思い出してテストすると、完璧にニコチン依存症でした。だから、ワタクシ禁煙(もう断煙です)がきつかったです。吸うタバコの本数や喫煙歴よりも、依存度がどれだけ高いかで禁煙の対策を練らなければなりません。迷わず禁煙外来を受診しましょう。

 多少きつい思いをしますが、一人でタバコをやめるよりはずっとスムースに、楽にタバコのいらない生活に変われます。ストレスが溜まった時・嫌なことがあった時、タバコを吸う習慣がある人は禁煙するのがきついかな、と思います。
 禁煙していても、ストレスフルな状況になれば、再喫煙してしまう例はたくさんあります。

 タバコをスムースにやめることはできません。ですが、ニコチン離脱症状を和らげる方法はたくさんあります。

2.未破裂脳動脈瘤でこのまま吸い続けると死ぬ確率4倍とか言われたけど。
  実際イマイチ危機感が伝わらないーてか死ぬの?

 未破裂動脈瘤は、「動脈瘤があるけど破裂してない状態」です。死ぬ・死なないと聞かれれば、「死ぬかもしれないねえ」と答えます。
 死ななかったとしても、手足が動かない、喋れないなど後遺症が残る可能性は高いです。

 動脈瘤が破裂してないので、症状はありません。だから危機感のわきようがないのが現実。だって元気だもの。どこも痛くもかゆくもないもの。ただ「まともな血管の形をしていない、血管の中に血液の溜まる場所ができた」状態なので、いつ破裂するかわかりません。

 なぜ「禁煙しろ」と言われるのか疑問でしょうが、タバコは血管を縮める作用があるのです。縮まった血管にいつも通りの量の血液が流れ込むのは、血管にとって相当な負担です。だから動脈瘤が破裂しやすくなるのです。

 余談と個人的意見ですが論文などを読むと、タバコは発がん性より肺や血管に負担をかけて呼吸器や血管系の病気になる可能性が高いかな、と思っております。動脈瘤が破裂してない状態なら、大切に今の状態を維持するために禁煙するのがオススメです。

3.電子タバコはニコチン・タールが0。これ吸ったら禁煙になる??

電子タバコは禁煙になりません。

 日本禁煙学会が、「加熱式電子タバコは普通のタバコと同様に危険」と掲載しました。電子タバコはタールは含まれてないようですが、ニコチンをがっつり含んでます。タバコがやめられないのは、ニコチンに依存があるから。

 ニコチン・タールが0の電子タバコは、市販のパイポのようなものです。ニコチンが体内に入ってこないから、ニコチン依存症だと「吸った気がしねえ」と、また他のタバコに手を出すでしょう。

まとめ

 タバコはやめたほうがいいけど、個人的には「タバコをやめてもバラ色の人生がなければすすめない」です。ワタクシが断煙を続けられているのは、ニコチンの離脱症状がきつかったから。たったこれだけの理由です。

 健康とか美容とか全く考えてないです。とにかくニコチン離脱症状のだるさ・イライラ・気力のなさなど、再喫煙することでまた味わうのかと思うと、絶対に吸いたくないのですよ。

 だから本当に「タバコをやめたい」とお考えであれば、「タバコを吸うメリット・デメリット」「タバコを吸わないメリット・デメリット」を書き出して、禁煙するぞと腹をくくりましょう。そうでないと中途半端に禁煙に心配して、残るのは挫折感と自己否定感だけです。これも禁煙を邪魔する原因ですから。

調査結果、以上です。

ご参考までにワタクシが断煙した記録です。ワタクシ、断煙継続してます。

ブログしてます。のぞいてくださいませ。
おひとりさまで、やってやる!ーおひとりさまの高齢者ライフを攻略するブログー



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

おひとりさま高齢者生活の知恵を公開して、 行政・家族に依存しない生き方を公表します。

興味を持っていただいて、うれしいです!
2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。