絶対に進学してはいけない看護大学の特徴を5つあげるね

#看護界隈 #看護系大学 #進路 #看護教育
ヤバくてアレな看護大学の教員をしていた@やすじろうです。
やめた看護大学、人手不足だわ、ブラックだわで職場としてもアレですが、進学先としてもアレです。

「他の学校の友だちが『それっておかしくない?』って言われるんだけど」という学生のご指摘を、「新しい学校だからね、そういうのどんどんアンケートに書いて」としか言えなかった情けない教員でした。
愛すべき学生たち、元気でやってるかしら。

看護師になりたくて看護大学に進学する方々に、絶対に進学してはいけない看護大学の特徴を説明しますね。

1、新設校である
カリキュラムがハチャメチャだし、何しろ教員が浮き足立って講義がまともじゃないです。「新設だから」と甘えた教員が多いので、つながりのない講義を詰め込んだ4年間のシラバス。ついでに、最近新設した看護学部に集まる教員は、高齢者と行き場のない教員だらけですから、学生のケアすらできません。

2、非医療系の大学に突然できた看護学部
明らかに学生確保のためですよ。
だって看護系ってなんだかんだ言っても人が集まるんだもの。
それだけしか考えてないから、教員の確保、実習施設の確保、国試対策はそっちのけです。

実習病院は先にできた看護大学が確保してますから、病院実習がとんでもない時期にあります。例えば3月の卒業式と重なるとか。

3、学費の詳細がわからない
一回聞いてみてください。なんでこんなにお金かかるのか。
学費だけならまだしも、実習費だの教科書代だのユニフォーム代だの、お知らせなしでお支払いがあります。
まともなところは、全部コミコミで学費設定してますからね。学費以外に必要な金額をはっきり明示してます。

4、実習病院が大学から遠距離にある
大学に戻って勉強ができません。実習病院の往復でくたびれはてます。
おまけに宿泊費、交通費は別払いですよ。効率悪いことこの上なしです。

5、学生数が100人以上。
教員が対応できる学生の人数は100人以下です。
理由は実習、講義、演習がたいへん大雑把になるからです。更衣室や実習場所の確保もできない上に、教員の質が悪いのです。質の悪い教員が、100人以上の学生のケアをできるわけがありません。

まとめーFランク新設私立看護大学に進学するなら看護専門学校に進学すべし
オープンキャンパスで、是非とも国家試験の合格率、シラバス、国試対策を確認してくださいませ。じゃないと時間とお金をドブに捨てる羽目になりますよ。
Fランク新設私立看護大学で資格とるなら専門学校にするべきです。

看護専門学校卒後は大学院進学だってできますし、看護学士号が取りたいなら、科目等履修制度を活用すれば良いのです。「科目等履修制度 看護」でググると山ほどカリキュラムを持っている大学がヒットします。

Fランク新設私立看護大学に進学して、学費が払えなかったら中退です。お金と時間をドブに捨てる前に、自分が進学すべき大学をじっくり選んでくださいね。

ブログしてます。のぞいてくださいませ。
おひとりさまで、やってやる!ーおひとりさまの高齢者ライフを攻略するブログー


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

おひとりさま高齢者生活の知恵を公開して、 行政・家族に依存しない生き方を公表します。

よろしければシェアをお願いいたします。

やすじろう2.0の軟着陸生活

2017年9月からいろいろめんどくさいので、オンフィフで人生の軟着陸をしました。自称フリーランスです。仕事と遊びと何もしない時がごちゃ混ぜの日々を綴ります。ブログやってます。http://lavidatranquila.com/ 記事を読んでなんか感じた方、投げ銭お願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。